かみむすび(79)夜の来訪者

夜に訪ねてきたその人は古い友人だと言う。

だが、私は誰だか分からなかった。

会ったことがあるのでしょうかと尋ねた。

ええ、ありますともと古い友人は苦笑いをした。


私は誰を忘れてしまったのだろうか。

確かに会ったことがある気もするが思い出せない。

どんな御用ですかと尋ねてみた。

そろそろお会いしたほうがいいかと思ってと言った。


それであたなに会ってどうすればいいのでしょうと尋ねた。

私はあなたに頼まれてやってきたわけでして。

古い友人はそう言って困った顔をした。

でもこうして会えたことは喜ばしいことです。


そう古い友人が私の手を握った時、私は消えてしまった。

消えたのではなく、私が古い友人だったのだ。

それまでそこにいた私は誰だったのか。

いまではそれを思い出すことが出来ない。

空風瞑想

空風瞑想は忘れてしまった本当の自分を取り戻す瞑想法です。瞑想の中で今まで気づかなかった心の新しい扉を開き、静寂でありながらも存在に満ち溢れ、完全に目覚めている本当の自分をそこに見つけていきます。そこを自分の拠り所にするとき、新しい人生が始まっていきます。