かみむすび(76)真実の場所

はるか遠くにあると思っているものがある。

それを手にすることは無理だと諦めている。

自分にはそれを知る資格がないと思い込んでいる。

今の自分には無縁なことだと無視している。


それは本当の自分なのだ。

それはあまりにも近くにあるため気づかない。

すでに手にしていることさえ知らない。

その資格がないどころか、それそのものなのだ。


だが、そう知るためには心を削らなければならない。

それを受け入れるための隙間をつくって時を待つのだ。

その隙間をつくるために、私は絶え間なく心を削った。

古くて凝り固まった重い岩のような心を。


その隙間からは柔らかな風が流れ、透明な糸が現れる。

その糸をつかんでたどれば、本当の自分につながる。

それにつながったとき、そこで自分の真実に目覚めるのだ。

誰の人生の先にも、この目覚めが待っている。

空風瞑想

空風瞑想は忘れてしまった本当の自分を取り戻す瞑想法です。瞑想の中で、今まで気が付かなかった心の新しい扉を開き、静寂でありながらも存在に満ち溢れ、完全に目覚めている本当の自分をそこに見つけていきます。そこを自分の拠り所にするとき、新しい自分の人生が始まっていきます。