かみむすび(75)心の声

その美しい声を私は聞いている。

声は私の心の深いところからやってくる。

歌のようでいて旋律はなく、語るようで言葉ではない。

何を言っているのさえ分からない。


音というには心をふるわされる波がある。

機械的というには人間の儚ささえ感じる。

私はその声に誘われて心の深いところへと意識を向けた。

声の持ち主を見てみたいと思ったからだ。


だが、心の奥に行くに従って声は薄れていった。

確かに聞こえていた声は幻のような残響だけになった。

気づくと私の周りは静寂に満たされていた。

そこで私は無音の世界に溶けていった。


私は生まれる前の自分になっていた。

そして世界に向けてここにいると叫んだのだ。

それは思ったような声にはならなかった。

ただ美しい波紋になって、心の中に広がっていった。

空風瞑想

空風瞑想は忘れてしまった本当の自分を取り戻す瞑想法です。瞑想の中で今まで気づかなかった心の新しい扉を開き、静寂でありながらも存在に満ち溢れ、完全に目覚めている本当の自分をそこに見つけていきます。そこを自分の拠り所にするとき、新しい人生が始まっていきます。