かみむすび(74)心の陽だまり

激しい嵐の夜にはその風雨の音に恐れて眠る。

心には希望のカケラもなく、恐れの闇に消え去った。

明日も嵐は止むことなく、私はここにいるだろう。

大地は絶望して凍えたまま、泥の河が猛々しく流れる。


私はそこで身体を丸めて自分を守るしかないのだ。

大地にひれ伏して、目を閉ざしていることしか出来ない。

大粒の雨に打たれ、空を裂く突風に晒される。

黒い河に放り込まれて、濁流に流されもがく。


だが、私の心の奥には陽だまりのような場所がある。

それはあまりにも小さいので恐れの闇にわずかだけ見える。

嵐の夜に私はその場所を探して想うのだ。

そこは嵐から離れている静まり返った別世界。


そこにいてもこの嵐が止むことはない。

だが、その陽だまりに触れているから、私は嵐に立ち向かえる。

それがどれだけ絶望的だろうと、私にはあの陽だまりがあるのだ。

そこが決して嵐の届くことのない自分自身だと知っている。


空風瞑想

空風瞑想は忘れてしまった本当の自分を取り戻す瞑想法です。瞑想の中で、今まで気が付かなかった心の新しい扉を開き、静寂でありながらも存在に満ち溢れ、完全に目覚めている本当の自分をそこに見つけていきます。そこを自分の拠り所にするとき、新しい自分の人生が始まっていきます。