瞑想の声は私の終わりへと導く(8)目覚めの道

私は様々な目的で瞑想を経験してきた。

結局、私の瞑想のそれは本当の自分とは誰かを知ることに落ち着いた。

それ以降、この目的が揺らぐことはない。

その他の目的は得ても過ぎ去るものであり、確かなものではないと学んだのだ。

-

それがどんなにこの世界で価値があっても、目覚めの道にあるものではない。

本当の自分を知ること以外に目覚めの道にあるものはない。

私が何も知らずに瞑想をはじめて、確信が持てたことはこれだけだ。

ただ、様々な瞑想体験はそこに至る過程として必要であり、決して無駄ではなかった。

-

「その男は神を探しに行って、神になって帰ってきた」

古の言葉にあるように、本当の自分を知るとはこういうことだ。

本当の自分を知るためには、まず神を知らなければならない。

そう分かっても私の瞑想は相変わらず不安定だったが、その目的は固く定まったのだ。

-

そうなれば、瞑想の不安定さは取るに足らないものだ。

思考領域では思考やイメージは現れ、私を絡め取ろうとする。

身体の不快感もあり、ときには意識を失い眠ってしまうこともある。

静寂の深みに落ちて、満ち足りた心地いい感覚に浸ってしまうことも。

-

いい瞑想をすることが瞑想の目的ではないのだ。

本当の自分を探求することがその目的だ。

その目的を掻き乱す障害は当然のようにあるだろう。

だが、目的があれば、その障害を超えていく意思が現れる。

-

目覚めの道を行くためにはそのための正しい目的が必要なのだ。

その目的を見つけることが、目覚めそのものであるといってもいいくらいだ。

もし正しい目的が持てないなら、その道は行き止まりになる。

その行き止まりでじっとしているか、正しい道へと踏み出していくか。

-

目覚めへの正しい道に合流するまで、多くの間違いを犯すことになる。

私も多くの間違った道を歩んできた。

道が行き止まりになって何度も途方に暮れた。

またそこから戻ることは疲れることであり、プライドもそれを邪魔をした。

-

道は無数にあるのだ。

魅力的で惹きつけられる瞑想の道はいくらでもある。

それが世界のどこかまでしか続かないなら間違っている。

世界を超えることができてはじめてこの道が正しかったと分かる。

-

本当の自分の理解はこの世界からはじまり、この世界を超えるのだ。

この世界の壁を超えなければ、本当の自分を理解することはできない。

だが、それが正しい道だと分かっても、世界を超えることに躊躇する。

私もその領域にすんなりと入ったわけではない。

空風瞑想

空風瞑想は忘れてしまった本当の自分を取り戻す瞑想法です。瞑想の中で今まで気づかなかった心の新しい扉を開き、静寂でありながらも存在に満ち溢れ、完全に目覚めている本当の自分をそこに見つけていきます。そこを自分の拠り所にするとき、新しい人生が始まっていきます。