かみむすび(72)嵐が来る

嵐が来る前はその恐ろしさに息苦しくなる。

黒い絶望の霧が立ち込めて、私から力を奪うのだ。

風は次第に強くなり、大粒の雨が鳥のように空を舞う。

私は地面に這いつくばって、壊れそうな心の扉を必死に押さえる。


嵐は私を空高く巻き上げ、何度も大地に叩きつける。

目を閉じれば、黒い恐怖の世界がそこに築かれていく。

世界は痛みと疑いとが混じり合って、怒りと嘆きを吐き出している。

水路には黒い水が激しく流れ、小さな救いの声を押し流していく。


嵐が去れば、空は青く晴れ渡る。

私はそれを呆然と見上げて、歓びとも悲しみともつかぬ想いでいる。

私は傷ついているが、まだ息をして大地に立っている。

嵐は何のために私を痛めつけるのだろうか。


嵐が来ないように祈っても、それは必ずやってくる。

そうして私を泥混じりの水に叩きつけては無言で去るのだ。

私の心は何度も打ちひしがれ、弱った身体で立ち上がる。

そうして立ち上がる度に、何かをそこに見つけようとする。

空風瞑想

空風瞑想は忘れてしまった本当の自分を取り戻す瞑想法です。瞑想の中で今まで気づかなかった心の新しい扉を開き、静寂でありながらも存在に満ち溢れ、完全に目覚めている本当の自分をそこに見つけていきます。そこを自分の拠り所にするとき、新しい人生が始まっていきます。