瞑想の声は私の終わりへと導く(6)メリット

瞑想をするとストレスが軽減され、その耐性がつく。

願望が叶いやすくなり、願わずとも叶うことさえある。

心が穏やかになり、感情的になることが少なくなる。

気づきが多くなり、創造的な発想が自然に湧いてくる。

-

瞑想には様々なメリットがあり、その科学的研究も行われている。

私は瞑想で実際に得られるメリットを否定するつもりはない。

それはそれでいいことが起こったのだ。

だが、後に分かることは、瞑想の潜在力とはそれを遥かに凌駕するものだということだ。

-

瞑想をしていても、依然としてこの世界は不安定だ。

世界では心折れる出来事があり、小さな願望さえ叶わないこともある。

感情的になり、それを理性で抑えられないこともある。

それは瞑想が上手く機能しなかったからだろうか。

-

そう考えたのなら、その時点で私は瞑想をやめてしまっただろう。

ストレスを軽減し、願望を叶える方法なら他にもあるのだ。

それは瞑想よりも効果的に機能するだろう。

そうであるなら、瞑想をする理由がなくなる。

-

瞑想しても期待したメリットが得られないなら、不信感を持つことになる。

そのメリットに惹かれて瞑想をはじめて、この不信感とともに瞑想をやめる。

それでは何のために瞑想をすればいいのだろうか。

それは本当の自分を知るためだ。

-

だが、本当の自分を知っても何のメリットもない。

何のメリットもないなら、そのために瞑想をする意味が持てない。

それは瞑想をする動機としてはとても弱いものになる。

そのとき、本当の自分を知りたいと興味を持っても、いずれ瞑想から離れていく。

-

やめてはいけない、そんな声を聞くのはこのときだ。

ただ、その声に瞑想を続けさせる強い説得力はない。

だから、ほとんどの場合、無視される。

純粋に瞑想の道に興味がある人だけがその声に従うだろう。

-

瞑想の持っている潜在力は計り知れないものがある。

個人に与えられるものなどスケールが小さすぎるのだ。

それはあまりにも小さすぎて、そればかりに目を向けていると、瞑想の道の先が見えなくなる。

瞑想のメリットなど無視する瞑想者だけがそれを見ることになる。

-

メリット求めて瞑想を始めても何の問題もない。

だが、瞑想の道はもっと先を示している。

そこに歩みを進めるためには、どこかの時点でその動機を捨てる必要がある。

それができなければ、メリットの有る無しばかりに気を取られて前に進めない。

-

本当の自分を知ること、そこに瞑想の意味を見いだせるかどうか。

これは飛躍しすぎた瞑想の目的だろうか。

瞑想をはじめた人にとって、この目的は考えもしなかったことかもしれない。

戸惑うことかもしれないが、瞑想の道はそこだけを示している。

空風瞑想

空風瞑想は忘れてしまった本当の自分を取り戻す瞑想法です。瞑想の中で今まで気づかなかった心の新しい扉を開き、静寂でありながらも存在に満ち溢れ、完全に目覚めている本当の自分をそこに見つけていきます。そこを自分の拠り所にするとき、新しい人生が始まっていきます。