かみむすび(69)美しい星

私は闇にあって奇跡のような美しい星に生まれた。

だが、そこに生きることは過酷だった。

泥の中で這いつくばって息をしているときには絶望する。

痛みに耐えているときには時の遅さを疎ましく思う。


優しい風が吹き、身体が暖かな陽の光に包まれる。

そんなときにはこの星に生まれてきた幸せを噛みしめる。

私は大地の力強さと空の広大さに抱かれて安らかに眠るのだ。

心には希望が満ちて、この時を止めたいとさえ願う。


私が何を思っても、この美しい星は黙って宇宙を巡っている。

太陽も黙って、この美しい星に光をそそぐ。

あらゆる天体は黙って、全宇宙を流転している。

私は黙って、それを見上げている。


この沈黙を知らなければ、悲しみは涙でしかないだろう。

歓びは微笑みでしかないだろう。

沈黙は美しい星に行き渡ってすべての時を満たしている。

絶望も希望も飲み込んで、いつも私を緩やかに包んでいるのだ。


空風瞑想

空風瞑想は忘れてしまった本当の自分を取り戻す瞑想法です。瞑想の中で、今まで気が付かなかった心の新しい扉を開き、静寂でありながらも存在に満ち溢れ、完全に目覚めている本当の自分をそこに見つけていきます。そこを自分の拠り所にするとき、新しい自分の人生が始まっていきます。