かみむすび(68)透明な存在

目を閉じて自分を見つめてみる。

自分とはどんな人間なのか。

生まれてから今までの記憶が呼び覚まされる。

私はこの身体や思考として育まれてきた。


自分が自分であるために多くの経験を積み重ねた。

確かな自分になるために、もっと確かな自分であるために。

いま、生まれたときよりは自分らしくなったと誇りに思える。

私はこれが自分だといえる人間になってきたのだ。


生まれる前、そこに自分はいなかったのだろうか。

記憶がそこだけ透明になっていて、何の反応も起こらない。

ともかく、その自分は名前もなく、何の経験もないのだ。

何の知識も能力もなく、弱々しい存在だったはずだ。


目を閉じて自分を見つめてみる。

私は身体でも思考でもなく経験や記憶でもない。

いまでも生まれる前の自分としてそこに存在している。

透明なその存在は自分としてすでに完成されていた。

空風瞑想

空風瞑想は忘れてしまった本当の自分を取り戻す瞑想法です。瞑想の中で今まで気づかなかった心の新しい扉を開き、静寂でありながらも存在に満ち溢れ、完全に目覚めている本当の自分をそこに見つけていきます。そこを自分の拠り所にするとき、新しい人生が始まっていきます。