かみむすび(67)はじまりのひとり

はじまりはひとりだった。

それからふたりになり、さらにたくさんの仲間が増えた。

たくさんの仲間たちはそれぞれ自分が始まりだと思っている。

だが、はじまりはみんな同じひとりなのだ。


すべての仲間たちの過去はそこでひとつに重なる。

「私」といっている自分のはじまりは誰もが同じなのだ。

ただ、この細分化された世界ではそれぞれに違う姿に見える。

だから、みんな違う存在だと思い込んでいる。


はじまりのひとりに戻りたいのだろうか。

自分の未来はいったい誰になるのだろうか。

いまでもはじまりのひとりはそこにいる。

そのひとりと分かれた仲間たちのつながりは切れたことがない。


はじまりのひとりには時間がない。

過去も未来もなく、現在だけがある。

現在だけしかないため、それが現在だとも知らない。

すべての仲間と全時間はそのひとりの中で回っているのだ。

空風瞑想

空風瞑想は忘れてしまった本当の自分を取り戻す瞑想法です。瞑想の中で、今まで気が付かなかった心の新しい扉を開き、静寂でありながらも存在に満ち溢れ、完全に目覚めている本当の自分をそこに見つけていきます。そこを自分の拠り所にするとき、新しい自分の人生が始まっていきます。