瞑想の声は私の終わりへと導く(1)空の体験

朝の目覚めの後、私は瞑想をする。

白檀の香を焚いて床に座り瞑想の準備を整える。

目を閉じて瞑想の導入法を経ると、一気に身体感覚が薄れていく。

五感が閉じて遠のいていくのを感じる。

-

私の意識は感覚の表層から内部へと沈んでいく。

そして思考領域に入る。

いつもここで思考に捕まってしまう。

瞑想では鬼門のような場所だ。

-

逆に澄んだ水のようにとても静かなことがある。

思考の機嫌のいいときには、そんなこともある。

それは長年の瞑想経験によって、そこに囚われないようになったからかもしれない。

そんなときは、まるで誰もいない森を通り抜けているようだ。

-

思考領域を抜けると、深海のような空領域に入る。

空領域では何の思考も起こらず、私は穏やかな静寂に身を任せる。

そうしていると、そこにいるのかいないのか定かでなくなる。

次第に自分という存在が薄れていく。

-

透明化して静寂に同化していく自分を心地よく感じている。

静寂は境界もなく、ただ静寂としてあり、静寂以外の何もない。

私は自分が誰かも知らず、時間や場所の感覚さえも失っている。

どのくらい瞑想しているのか、どこで瞑想しているかも分からなくなる。

-

ときおり、意識を失ったようになり、瞑想の記憶は断片的になる。

眠ていたのかもしれないが、そこは瞑想していることをも忘れさせるのだ。

ここが私の故郷であり、帰るべき場所だ。

そんな懐かしさや安心感がそこには満ちあふれている。

-

そうしていると、どこからか微かな声が聞こえることがある。

そこではない、と言っているようだ。

私は気のせいだとその声を無視して静寂に落ちたままでいる。

すぐに声は遠くなり聞こえなくなる。

-

私は瞑想から覚める時間が来たことを感じる。

空領域の満ち足りた感覚が抜けていく。

まるで深海から浮上するように、外の世界の空気を求める。

ほとんど止まっていた呼吸に意識を向けると、それは一層強くなる。

-

身体の感覚がよみがえってくる。

そこで私はゆっくりと目を開ける。

視界には見慣れた自分の部屋がある。

私はまだあの空領域の感覚を残している。

-

瞑想後の感覚はとても明晰で軽やかだ。

身体も心もリフレッシュした感じがする。

自然と笑顔になっている自分がいる。

瞑想のあとのこの感覚が私のお気に入りだ。

-

そうして瞑想をもう何年も習慣として行ってきた。

それはそれで満足していた。

だが、少しばかり何かが足りないと思い始めてもいた。

それが何かわからないため、ずっとそのままにしている。

-

今の瞑想の何が悪いというわけではない。

むしろ、私はこの静かな瞑想経験に満足していた。

それ以上を望まなければ、十分な瞑想だ。

この瞑想の形にするまでさえ何年もかかったのだ。

-

それでも、靴の中の小石のように無視できない何かがある。

聞かないふりをしていたが、空領域での声も気にはなる。

空領域以上の場所があるのだろうか。

そこではない、…そんなはずはないと思った。

空風瞑想

空風瞑想は忘れてしまった本当の自分を取り戻す瞑想法です。瞑想の中で、今まで気が付かなかった心の新しい扉を開き、静寂でありながらも存在に満ち溢れ、完全に目覚めている本当の自分をそこに見つけていきます。そこを自分の拠り所にするとき、新しい自分の人生が始まっていきます。