名もなき師が教えてくれたこと(19:最終話)大樹の男

私は再び目を閉じた。

そこから離れる気が起こらなかった。

ここにいることが完全であるなら、なぜ動く必要があるのか。

だが、ひとつだけ私にはやることが残っていると知っていた。

-

ある男が私を訪ねてくる。

それは間違いないことだと確信していた。

いま、その男は夢の中でこの森に現れた。

そして、薄暗い獣道を心細く思いながら歩いている。

-

その男は私とつながっていた。

それは何も知らない過去の私なのだ。

私はその男を丘へと導いた。

男が森を抜けたのが分かった。

-

そして丘の上の大樹を目にしている。

さらに私は大樹のもとへと男を導いた。

それは過去の私だから、難なくそうすることができた。

無意識のところで私たちはつながっているのだ。

-

男はまっすぐに大樹を目指して丘を登ってくる。

所々で、男は大樹を見上げて感嘆の声をあげた。

薄雲が大樹の頂きを隠すように流れていった。

男が大樹の根本に座っている私を見つけたのが分かった。

-

そして、私を目指して歩いてくる。

私はこの男に私に真実を伝えなければならない。

男が私の目の前に座ったのを感じた。

私はゆっくりと目を開けた。

空風瞑想

空風瞑想は忘れてしまった本当の自分を取り戻す瞑想法です。瞑想の中で、今まで気が付かなかった心の新しい扉を開き、静寂でありながらも存在に満ち溢れ、完全に目覚めている本当の自分をそこに見つけていきます。そこを自分の拠り所にするとき、新しい自分の人生が始まっていきます。