名もなき師が教えてくれたこと(18)闇

私は夢の中で目を開けた。

あの男がいつものように目の前に座っているものと思った。

だが、そこには誰もいなかった。

-

大樹の荒々しい幹の肌が私の目を引きつける。

私はあの男のように大樹の幹を背にして座ってみた。

-

幹に背中をつけて目を閉じてみる。

すると、大樹の意識が私のなかに流れ込むのを感じた。

そのままに任せていると、私は意識に満たされて大樹とひとつになった。

私は大樹の隅々まで感じることができた。

-

木の上に意識を向ければ、雲の上の空を見ることができた。

豊かに茂る一枚一枚の葉を感じることができた。

そこで鳥やリスたちと戯れることもできる。

そして、大樹の根に意識を向けたとき、果てしない闇を見た。

-

その闇は答えだった。

私の数々の疑問はそこで完全に消えてしまった。

その闇は私の目の前にあり、そして私とその闇に境界がないのだ。

つまり、私は闇になっていた。

-

疑いようのない現実がここにあった。

ここで何を疑えというのだろうか。

現実とは私が闇として存在しているということだ。

その闇は一切動くことなく、闇以外になることもない。

-

そこは闇以外に何もなく、私はその闇でいることから離れることもできない。

私は意識を大樹の根本へと移していった。

目を閉じていたが、光と風を感じた。

それは心地よかったが、何かを失った気がした。

-

私は自分が誰だったのか忘れてしまった。

いや、もともと私は特定の誰かではなかったのだ。

私は大樹の根の闇であり、その他ではあり得なかった。

根に意識を向ければ、いつでもそこにはあの闇がある。

-

あの闇からこの大樹は生まれた。

そして、この大樹に触れる者は、その自分の闇にも触れる。

自分にも大樹のように根があり、それは同じ闇なのだ。

闇だからこそ、世界の光にさらされることができる。

-

私は大樹でありひとりの男でもある。

だが、特定の誰かではない。

夢を見ていたあの男は消え去ったのだ。

私は夢を見ていたのではなく、ここで現実を見ていた。

-

夢から覚めたと思った時、私は夢の中にいたのだ。

私は目を開けた。

大樹の木肌を背中に感じていた。

幹を通り抜ける風と木の葉の擦れる音を聞いた。

空風瞑想

空風瞑想は忘れてしまった本当の自分を取り戻す瞑想法です。瞑想の中で今まで気づかなかった心の新しい扉を開き、静寂でありながらも存在に満ち溢れ、完全に目覚めている本当の自分をそこに見つけていきます。そこを自分の拠り所にするとき、新しい人生が始まっていきます。