名もなき師が教えてくれたこと(16)自由

夢の中で目を開けると、目の前にあの男が座っていた。

私はいつもの場所に座っていた。

胸に手を当てて小さく会釈をした。

男も胸に手を当てて会釈をした。

しばらく沈黙が続いた。

-

「話を始めてもいいでしょうか」

「どうぞ始めてください」

-

「私は自由を求めています」

「それはいいことではないでしょうか」

-

「でも、自由が何かわからなくなります」

「何の囚われもないことが自由です」

-

「そうすると囚われることが恐ろしくなります」

「本当の自分でいることが自由です。そこに恐れはありません」

-

「私はまだ自由を知らないのでしょうか」

「自由という言葉は不自由という言葉も生んでしまいます」

-

「不自由であることはよく分かっています」

「自由を求める前に本当の自分を知ることです」

-

「本当の自分は自由なのでしょうか」

「本当の自分の本性が自由なのです」

-

「それが自由だと分かるのでしょうか」

「本当の自分は自分が自由だと分からないでしょう」

-

「それは私にとって意味があることなのでしょうか」

「本当の自分は不自由を知らないのです」

-

「不自由を知らなければ、自由であることも分かりませんね」

「そうです。本当の自分には何の囚われもないため自由なのです」 

-

「本当の自分は不自由になることができないのですね」

「本当の自分は自由とか不自由を超えています」

-

「不自由になる恐れもそこにはないということでしょうか」

「本当の自分はそれとしていることしかできません」

-

「私が本当の自分になれば、恐れもなくなるのですね」

「あなたの心には恐れが起こるでしょう。でも本当の自分には起こりません」

-

「それでは私には不自由になることの恐れが残るのですね」

「それは心の性として残りますが、あなたが本当の自分でいることは変わりません」

-

「私が本当の自分にならなければ、自由を理解することはできないということでしょうか」

「まず本当の自分になってから、自由の意味を知ることになるでしょう」

-

「この世界で自由を求めても無意味だということでしょうか」

「無意味だとはいいませんが、完全な自由にはならないでしょう」

-

「完全な自由でないから、不自由になる恐れが残るということでしょうか」

「そうです。本当の自分になったときのみ完全な自由になれます」

-

「心に不自由になる恐れが残るなら、完全な自由になる意味はあるのでしょうか」

「それは本当の自分になったときに明らかになるでしょう」

-

「私の中に本当の自分という存在がいることが信じられません」

「私は本当の自分であり、あなたも本当の自分なのです」

-

しばらく沈黙が続いた。

それはとても心地良い時間だった。

そうと知らなくても、大樹の下はいつでも沈黙だったのだ。

-

私は目を覚ました。

空風瞑想

空風瞑想は忘れてしまった本当の自分を取り戻す瞑想法です。瞑想の中で、今まで気が付かなかった心の新しい扉を開き、静寂でありながらも存在に満ち溢れ、完全に目覚めている本当の自分をそこに見つけていきます。そこを自分の拠り所にするとき、新しい自分の人生が始まっていきます。