かみむすび(59)身体の呪縛

私は自分は身体だと信じていた。

完全な身体になるため、七つの扉を完全に開いた。

聖なる蛇を目覚めさせ、三つの柱白光で満たした。

私は人間として最高の境地に至ったと確信した。


だが、それは私を身体に縛り付けただけだった。

神聖で光り輝く生命力は私の身体を満たした。

それでも、それは生命力であって私ではないのだ。

私自身をそれにすることはできなかった。


私は瞑想で意識の奥深くに沈んでいった。

そこはすべての生命力が消える領域だった。

その静けさに心地よさを感じた。

そして私は静けさ自身になった。


いまでも美しい生命力が身体を巡っている。

それでも私自身は静けさとして存在している。

すべての生命力はこの静けさから生まれているのだ。

私は身体という呪縛からこうして解脱した。

空風瞑想

空風瞑想は忘れてしまった本当の自分を取り戻す瞑想法です。瞑想の中で、今まで気が付かなかった心の新しい扉を開き、静寂でありながらも存在に満ち溢れ、完全に目覚めている本当の自分をそこに見つけていきます。そこを自分の拠り所にするとき、新しい自分の人生が始まっていきます。