かみむすび(58)静けさの尊厳

その駅に降り立つと、すぐに静けさを感じた。

私の感覚は街の喧騒に慣れてしまった。

世界にはこんな静けさがあることを思い出した。

静けさの中にも音は聞こえていたが、それは心地よかった。


風のざわめき、遠くの鳥の声、川のせせらぎ。

その背景には静けさが控えていて、すべてが大切にされていた。

私が歩く山道の足音でさえ、静けさの尊厳の中に抱かれていた。

どんな音も静けさを尊重して、控えめにしているようにも思えた。


見上げれば青空に白い雲が無音で流れていた。

音もなく太陽の光が山道を照らしていた。

風は音もなくやってきて、木々の葉を揺らしていった。

私は音もなく、ここに存在していた。


この静けさはどんな街の喧騒の中にもある。

喧騒に埋もれて、私が気づかずにいただけだ。

私が静けさであれば、それを忘れることはない。

どんな音でもこの静けさがあって存在できるのだ。

空風瞑想

空風瞑想は忘れてしまった本当の自分を取り戻す瞑想法です。瞑想の中で、今まで気が付かなかった心の新しい扉を開き、静寂でありながらも存在に満ち溢れ、完全に目覚めている本当の自分をそこに見つけていきます。そこを自分の拠り所にするとき、新しい自分の人生が始まっていきます。