かみむすび(55)ひとりの道

私はその細い道を一人で歩いていた。

その道は間違っているよ、誰かがそう声をかけた。

振り向くと、息を切らしている人が真顔で私を見ていた。

そっちではないよ、こっちの道、そう言って別の道を指差した。


私はなぜこの道を歩いているのか自分でも分からなかった。

それなら、そちらの道を行くのもいいかもしれない。

私はその人の指差す道を歩くことにした。

この先はどこに行き着くのでしょうか、私はその人に尋ねた。


実は私もわからないのですよ、そう言ってその人は苦笑いをした。

すると、その道は間違っている、誰かがそう声をかけた。

振り向くと、別の人が息を切らして私たちの後ろに立っていた。

こっちの道だよ、そう言って別の道を指差した。


私たちはどこに行き着くかもしれない道を歩いていた。

それで、一緒にその人の指差す道を行くことにした。

いま私は一人で細い道を歩いている。

信じられるのは、自分がここを歩いていることだと知ったからだ。

空風瞑想

空風瞑想は忘れてしまった本当の自分を取り戻す瞑想法です。瞑想の中で、今まで気が付かなかった心の新しい扉を開き、静寂でありながらも存在に満ち溢れ、完全に目覚めている本当の自分をそこに見つけていきます。そこを自分の拠り所にするとき、新しい自分の人生が始まっていきます。