名もなき師が教えてくれたこと(8)現実

気づくと私はあの大樹を目の前に立っていた。

あの男もそこにいて、私を見て微笑んでいる。

もう森を歩く必要がなくなったようだ。

-

私はその場に座った。

「話を始めますが、いいでしょうか」

男は言った。

「はい、どうぞ始めてください」

-

「現実とは何なのでしょうか」

「現実とは決して変わらず、常に存在するものです」

-

「この世界は変化し、現れたり失われたりします。つまり世界は現実ではないということでしょうか」

「あなたが見ている世界は現実ではありません」

-

「この世界が現実ではないと言って、誰が信じるでしょう」

「信じるかどうかではなく、世界が現実ではないことが真実なのです」

-

「こうして触れている自分の身体も現実ではないと」

「現実ではありません」

-

「それではあなたも現実ではないということになります」

「そうです。この身体は現実ではありません」

-

「私はそれをどう理解すれば良いのでしょうか」

「現実を知ることです」

-

「どやって現実を知れば良いのでしょうか」

「瞑想して本当の自分を知ることです」

-

「本当の自分だけが現実なのでしょうか」

「それだけが現実です。それ以外に現実はありません。すべて消え去る儚いものです」

-

「本当の自分は消えることがないのでしょうか」

「それは決して消えることがありません」

-

「本当の自分を知ったとき、それだけが現実だということは虚しくないでしょうか」

「虚しいどころか、あなたはその現実を知ってその美しさに驚くでしょう」

-

「本当の自分という現実は美しいのですか」

「それはすべての美しさを内在しています」

-

「本当の自分の見た目が美しいということではないのですね」

「その通りです。見た目の美しさではありません」

-

「見た目の美しさがなければ、虚しいと思いますが」

「この世界の美しいものは、すべて本当の自分によって創造されています」

-

「それではこの世界のすべてが美しいということになります」

「そういうことです」

-

「この世界には醜く、汚れたものもあります」

「それは人間の目を通して感じるものです。本当の自分からはそうは見えません」

-

「私は世界を美しいと思うことがありますが、それはごく一部だということでしょうか」

「そうです。人間の目はごく一部の世界しか見えません」

-

「現実とは本当の自分であり、その目を通して世界を見たとき、見え方が変わるということでしょうか」

「その通りです。あなたが本当の自分になったとき、あなたは個人でも人間でもなくなっています」

-

「よく分からなくなってきました。私は一体誰なんでしょうか」

「あなたは存在であり、すべての創造の源なのです。それがあなたの唯一の現実です」

-

「存在とは何でしょうか」

ここで男は黙った。

ふと見上げると、大樹の鮮やかな緑が目に映った。

私は目が覚めた。

空風瞑想

空風瞑想は忘れてしまった本当の自分を取り戻す瞑想法です。瞑想の中で、今まで気が付かなかった心の新しい扉を開き、静寂でありながらも存在に満ち溢れ、完全に目覚めている本当の自分をそこに見つけていきます。そこを自分の拠り所にするとき、新しい自分の人生が始まっていきます。