かみむすび(53)小石の目覚め

この世界に目覚めたとき、私は小石だった。

自分で動くこともできず、じっと同じ場所にとどまっている。

周りを見渡せば、同じような小石たちが無数に置かれていた。

他の小石たちは何も考えていないようだったが、私は考えた。


小石であるなら小石として生きていかなければならない。

どうやったって小石が空を飛ぶ鳥にはなれないのだ。

小石としてできることを極めていけばいい。

だが、小石としてできることは何もなかった。


私は急に無力感に襲われて悲しくなった。

そのとき、心の奥の暗闇から声が聞こえた。

君がいなければ、大地は成り立たないのだよ。

私は小石でいることの尊厳を与えられた気がした。


その声がした方に目を向けると小さな穴を見つけた。

その穴を通り抜けていくと、とても広い場所に出た。

その瞬間に私は目覚めた。

私は大地になっていて、すべての小石たちを抱きかかえていた。


空風瞑想

空風瞑想は忘れてしまった本当の自分を取り戻す瞑想法です。瞑想の中で、今まで気が付かなかった心の新しい扉を開き、静寂でありながらも存在に満ち溢れ、完全に目覚めている本当の自分をそこに見つけていきます。そこを自分の拠り所にするとき、新しい自分の人生が始まっていきます。