名もなき師が教えてくれたこと(5)真実

気づくと夢の中でまた森を歩いている自分がいた。

私は迷うことなくあの丘の大樹に向かって歩いた。

心なしか森は明るくなり小さくなったような気がした。

-

大樹の根本にはあの男が微笑みながら私を見て座っていた。

私はいつものように男の前に座った。

-

私は男に話し始めた。

「話を始めても良いでしょうか」

いつものように男は言った。

「どうぞ」

-

「本当の自分を見極める方法はありますか」

「あります」

-

「どのようにそれを本当の自分だと見極めればいいでしょうか」

「ひとつは、前回伝えたように、それが客観的かどうかです」

-

「それは分かりました」

「次に、それがひとつかどうかです」

-

「ひとつかどうかですか」

「その自分はひとつしかありません。それがいくつもの自分であれば、本当の自分ではありません」

-

「ひとつかどうかを確かめる方法はあるのでしょうか」

「自分でいるとき、それ以外の自分になれるかどうか、そこから移動できるかどうかを確かめます」

-

「そこから動けるかどうかを確かめるということですね」

「そうです。そこから動けるのであれば、本当の自分ではありません」

-

「客観的でなく、それがひとつであれば、本当の自分ということでしょうか」

「他には、いつでもそこに戻ることができ、そこに何の動きもなければ、それは自分だと言えます」

-

「何の動きもないのですか」

「はい、何の動きもありません」

-

「自分とは何の動きもないということが、どうも分かりません」

「動いてしまえば、それは対象になり、ひとつではなくなります」

-

「対象ではなく、ひとつであり、動きもなければ、それが自分ということでしょうか」

「そうです。そして、それは確かに存在するということです」

-

「確かに存在するですか」

「これが最も大切な自分の性質です」

-

「すべては確かに存在するのではないでしょうか」

「動きがある対象は必ず消えていきます」

-

「対象でないものを確かに存在すると、どうすれば分かるのでしょうか」

「瞑想中に存在し続けることで、それは確信になります」

-

「そんなことを今までやったことがありません」

「自分でいることは馴染みがないわけではないですが、自分でいることを意識することは馴染みがありません」

-

「確かに自分でいることは当たり前の感覚のようです」

「自分でいなかったことはないので、それは当たり前の感覚です」

-

「ただ、それを確かめようとすると、とたんに不確かになる」

「そうです。それで自分でいることが分からなくなるのです」

-

「分からなくなるから、また世界の感覚に戻っていく」

「自分を見失って、自分の価値を世界の基準に戻すことはとても簡単です」

-

「それで、私たちは輪廻転生という囚われの中から出られないのですね」

「本当の自分という出口を見つけなければ、あなたはずっと世界の渦の中で目を回し続けます」

-

「本当の自分を知れば、世界の問題は消えるのでしょうか」

そこで男は黙った。

-

しばらくの沈黙の後に私は目を覚ました。

空風瞑想

空風瞑想は忘れてしまった本当の自分を取り戻す瞑想法です。瞑想の中で、今まで気が付かなかった心の新しい扉を開き、静寂でありながらも存在に満ち溢れ、完全に目覚めている本当の自分をそこに見つけていきます。そこを自分の拠り所にするとき、新しい自分の人生が始まっていきます。