かみむすび(51)雨の記憶

朝、雨の音に気づき目を閉じたまま聞き入る。

いつまでも雨粒が弾ける音が続いて、私はそれに安心を覚える。

それはきっと昔聞いた音に似ていて、そこから私の物語がはじまったから。

その記憶に手を触れようとすると、朝霧のように消えてしまう。


思い出せないもどかしさを抱えたまま、私は夢の境界をさまよう。

雨音はそんな記憶の残骸のように、私の闇の中で降り続けている。

私はずぶ濡れになりながら、一歩一歩探るように歩いている。

雨水が顔を伝って口の中に入り、私の身体を満たしていく。


水が私をいっぱいに満たした時、降り続けていた雨がやんだ。

私は水になって、その深海のような静寂に耳を澄ませた。

突然、私の中の水が身体の境界線を破ってあふれ出た。

私の境界線は粉々になって、水は踊るように闇の中に放たれた。


その水は闇から小さな光を目指して流れ落ちていった。

私は落ちながら細かく別れて、小さな水滴になった。

そのとき、私はこの物語の読み手なのだと気づいた。

私は雨や闇であり、それを知っている誰かだったのだ。


空風瞑想

空風瞑想は忘れてしまった本当の自分を取り戻す瞑想法です。瞑想の中で、今まで気が付かなかった心の新しい扉を開き、静寂でありながらも存在に満ち溢れ、完全に目覚めている本当の自分をそこに見つけていきます。そこを自分の拠り所にするとき、新しい自分の人生が始まっていきます。