かみむすび(48)恋する魚

その魚は水の中から空を眺めていた。

ゆらゆらと美しく揺れる青が広がっている。

老いた魚が、あれは空というのだと教えてくれた。

そして、そこには決して行けないこと、行っても生きられないこと。


それでも魚は恋するように毎日青い空を眺め続けた。

ある魚が教えてくれた、空へは行けないけれども近づくことはできると。

勢いよく泳いで水面を突き抜ければいい。

空に恋していた魚は、少しでもそこに近づきたい想いを抑えられなかった。


水中深くから勢いよく泳いで青が揺らめく水面を目指した。

魚は水面を突き破って空中へと躍り出た。

澄み切った空の青が魚の目に映った。

その美しさと神秘的な姿に魚はめまいがしそうだった。


魚は毎日水面から飛び出してはそうして空を眺めた。

ある日、身体が軽くなったかと思うと空高く引っ張り上げられた。

一羽の鳥が魚を加えて、空へと勢いよく飛び上がったのだ。

それでも魚は願った、もっとあの空の近くへと。


空風瞑想

空風瞑想は忘れてしまった本当の自分を取り戻す瞑想法です。瞑想の中で、今まで気が付かなかった心の新しい扉を開き、静寂でありながらも存在に満ち溢れ、完全に目覚めている本当の自分をそこに見つけていきます。そこを自分の拠り所にするとき、新しい自分の人生が始まっていきます。