かみむすび(47)小さな鐘

小さな古い鐘が大地から掘り起こされた。

悠久の時を越えて朽ちることなくそれは存在してきた。

鐘は太陽の光を浴びながら空へと掲げられた。

そして小さな鐘はその時を待った。


雷に打たれた硬い木で鐘打ち棒がつくられた。

祭りの日にその鐘は神聖な祭壇に置かれた。

私は鐘打ち棒を持って祭壇の前に座り、厳かに鐘を打ち鳴らした。

鐘はその姿に合わないほどの大きな音を轟かせた。


その音が花びらのような金色の光になって祭壇に飛び散った。

それは始まりに過ぎなかった。

その鐘を打ち鳴らした者はその鐘に取り込まれてしまうのだ。

私は鐘の響きのように震えて、果てしなく青い空を仰いだ。


気づくと、私は祭壇で響き続ける小さな鐘になっていた。

鐘の響きは遥か天空までも轟かせ、そこに無数の光を放っていた。

私は祭壇に置かれたまま静かにそれを眺め続けた。

いつまでも響き渡る自らの鐘の音に耳を澄ませながら。


空風瞑想

空風瞑想は忘れてしまった本当の自分を取り戻す瞑想法です。瞑想の中で、今まで気が付かなかった心の新しい扉を開き、静寂でありながらも存在に満ち溢れ、完全に目覚めている本当の自分をそこに見つけていきます。そこを自分の拠り所にするとき、新しい自分の人生が始まっていきます。