真実はすでに告げられている(11)

私とは誰なのか。

私は個人ではない。

私は個人を超えた真我だ。

真我とは存在のこと。


存在は誰ということがない。

ただ、そこには存在しているという現実がある。

真我とはその現実なのだ。

その現実は全世界の根源でもある。


つまり、私は世界でもあるのだ。

私は世界に存在する個人でもあり、個人に起こる感情でもあり、カルマでもある。

それが存在するなら、例外なくそれは私なのだ。

真我は個人や感情、カルマを決して否定しない。


すべてから隔絶された存在は、実はすべてと密接につながっていた。

真我は世界に起こることに影響を受けることはないが、世界に起こることすべてが真我なのだ。

私は個人の奥底にいるが、世界のあらゆるところにもいる。

私はひとつという絶対的存在でありながら、多様性という相対世界をも創造している。


極小でありながら極大。

はじめでありながら終わりでもある。

存在しているけれども存在していない。

私でありながら、私ではない。


生まれたことがないため死ぬこともない。

神と悪魔は同じ存在から創造されている。

どんな失敗すらも成功であり、世界では成功以外のことが起こらない。

そうして存在と世界の関係は矛盾と不思議に満ちている。


私を世界のスケールで推し量ることはできない。

私は世界を超えていて、世界の論理が通じないところにいる。

それでいて、この世界は私なのだ。

そして、その私は世界にひとりしかいない。


空風瞑想

空風瞑想は忘れてしまった本当の自分を取り戻す瞑想法です。瞑想の中で、今まで気が付かなかった心の新しい扉を開き、静寂でありながらも存在に満ち溢れ、完全に目覚めている本当の自分をそこに見つけていきます。そこを自分の拠り所にするとき、新しい自分の人生が始まっていきます。