かみむすび(44)山頂の神

心地良い風が吹く山の頂、私は座って空と大地を見ていた。

そうしていると、私の思考は空の彼方にいるかのように静まった。

神がすぐ隣りに座っているのを感じていたが、私は神を見ようとは思わなかった。

見ようとすれば、神は消えてしまうと知っていたからだ。


私と神は黙って果てしない空と大地の景色を眺めていた。

私は、これでいいのだと思った。

これ以上のことは何もない。

圧倒的な存在がこの場所から放たれている。


私は立ち上がって空を見て、そして足元を見た。

何も失われてはいなかった。

私は振り返って、来た道を下り始めた。

それでも、何も失われてはいなかった。


神は私とともにいいて、決して離れることがない。

私が知りたかったことはそういうことだ。

私は山頂で空に消えてしまって、神になってしまった。

ただ私は山の頂で神だったことを思い出したのだ。


空風瞑想

空風瞑想は忘れてしまった本当の自分を取り戻す瞑想法です。瞑想の中で、今まで気が付かなかった心の新しい扉を開き、静寂でありながらも存在に満ち溢れ、完全に目覚めている本当の自分をそこに見つけていきます。そこを自分の拠り所にするとき、新しい自分の人生が始まっていきます。