かみむすび(42)魂の物語

人生の物語が書かれた本がある。

それは重厚な革張りの本で古い図書館に収められている。

その壁一面に本が並び、それぞれが人生の時を紡ぐのだ。

魂がその中の一冊を手に取れば、物語は時を歩き始める。


ある魂が一冊の本を手にして、その物語の中に入っていった。

魂はその物語がどのように展開していくのかを知らない。

ページをめくるたびに、新しい出来事に遭遇する。

そして魂はその本が完結していることに気づくことはない。


魂は自分の選択でその時の人生を生きていると思っている。

そこで努力したり、怠惰になったり、成功したり、失敗したりを繰り返す。

しかし、それはすでに本に書かれていること。

魂はその本の筋書き通りに人生を歩んでいるだけだ。


あるとき、魂はそのことに気づくかもしれない。

そして自分の無力さを嘆くかもしれない。

しかし、人生をどう生きるのではなく、誰が生きているのかを知ったとき、

魂はその本の物語から自由になるのだ。


空風瞑想

空風瞑想は忘れてしまった本当の自分を取り戻す瞑想法です。瞑想の中で、今まで気が付かなかった心の新しい扉を開き、静寂でありながらも存在に満ち溢れ、完全に目覚めている本当の自分をそこに見つけていきます。そこを自分の拠り所にするとき、新しい自分の人生が始まっていきます。