真実はすでに告げられている(8)

私が慎重に真我を調べているうちに、私は真我にしかなれなくなった。

いままで私は何だったのだろうか。

私は身体や心を持つ名前のある個人だと思っていたのだ。

その個人を自分の中心として生きてきた。


瞑想で私は真我になっていた。

しかし、同時に世界ではその個人でもいた。

私という個人が瞑想をして仏陀の境地を目指してきた。

私が個人でなければ、このことは成し遂げられなかった。


私は個人でいることを簡単には捨てられなかった。

仏陀の境地を得ることで、個人の空白地帯を埋められると思ってきたのだ。

そうして輝かしい完全な個人になるはずだった。

ところが、真我はそんな完全な個人ではなかった。


このことに個人としての私は反発を感じた。

これでは個人を捨て去って、あとから来た真我にすべてを明け渡すようなものだ。

瞑想では私は真我だと理解できる。

しかし、瞑想していないときは、明らかに私は個人でいた。


私はどちらかを選択しなければならなかった。

完全な個人を望むのか、それとも明らかな真我を認めるのか。

この選択には時間がかかった。

真我を信じるために、それをよく理解する必要があったからだ。


真我には姿形がなかった。

このことが最も私を戸惑わせた。

姿形はなかったが、真我は確実に存在してるのだ。

私はこの真我を瞑想で何度も確認してきた。


しかし、個人にしてみれば、姿形がないことに抵抗があった。

個人は姿形を造り上げることで、その存在意義を高めてきたのだ。

何の姿形もないということは、無意味な存在になることでもある。

私は真我を受け入れたかったが、そこには無条件で受け入れられないこの感情があった。


空風瞑想

空風瞑想は忘れてしまった本当の自分を取り戻す瞑想法です。瞑想の中で、今まで気が付かなかった心の新しい扉を開き、静寂でありながらも存在に満ち溢れ、完全に目覚めている本当の自分をそこに見つけていきます。そこを自分の拠り所にするとき、新しい自分の人生が始まっていきます。