真実はすでに告げられている(7)

私はひたすら真我を見出す瞑想に打ち込んだ。

そして、ついに自分の心の中心に真我を見つけたのだ。

はじめは、真我を見つけたという感覚だった。

つまり、真我と私はまだ分離しているように見えた。

-

真我の感覚は瞑想の中で偶発的に起こった。

その感覚の経験を積み重ねていくと、それが毎回の瞑想で安定して起こるようになった。

次に常に真我だけの状態になり、つまりそれは私が真我になっていた。

そしてその状態が失われることはなくなった。

-

瞑想で真我だけになっている状態は現実だった。

それは無理やり想像しているものではなかった。

実際に真我を想像することは不可能だ。

真我には想像するための姿形がないのだ。

-

これは一種の感覚ではあったが、身体の五感とはまったく違ってた。

真我の感覚には種類がなかった。

それはたったひとつだけで、いつも変わらなかった。

そこが私の存在の根底だった。

-

私はそこで私という存在の根底にいたのだ。

それは古の教えでは観察者とか観照者とも呼ばれている。

ただひとりの真我だけがそこにいるだけで他には誰もいなかった。

明らかにひとりだけ、ひとつだけだったのだ。

-

これが仏陀の成し得た悟りの境地なのかと感じた。

これ以上の何も私は感じることができなかった。

すべてが静止していて存在だけがある。

この存在だけが明晰さと共にあるだけだ。

-

言葉にすると簡単な表現になってしまうが、実際にこの真我は何にも増して圧倒的だった。

世界のどんな現実よりも現実で、一切の変化を受け付けない完全な不動がある。

しかし、私はいままでの失敗の経験から、この真我の感覚を念入りに調べた。

慎重に調べなければ、本当にこの真我を信じることができないと思ったのだ。

空風瞑想

空風瞑想は忘れてしまった本当の自分を取り戻す瞑想法です。瞑想の中で、今まで気が付かなかった心の新しい扉を開き、静寂でありながらも存在に満ち溢れ、完全に目覚めている本当の自分をそこに見つけていきます。そこを自分の拠り所にするとき、新しい自分の人生が始まっていきます。