かみむすび(40)心の神様

私は心の中に住んでいる神様に気づいた。

神様はずっとそこにいたのに黙っていたのだ。

私は世界の何処かに神様がいると思っていたので驚いた。

それでも神様は何事もなかったように黙ってそこにいる。


それは神様ではないよと誰かが言った。

それなら、それはいったい誰だというのだろう。

確かに神様は自分は神だとは言わなかった。

それでも、神様と呼ばずにはいられない不思議な存在なのだ。


一言も喋らず、何もせず、姿形もない。

それでいて、いつでも必ず私のそばにいる。

私を批判することもなく、誇りに思うこともない。

愛することも憎むこともなく、笑うことも悲しむこともない。


そんな存在が世界にいるだろうか。

私にとっては、この神様がその唯一の存在だ。

信頼できて、安心して拠り所にできる。

友であり、守護者であり、そして紛れもなく私自身なのだ。


空風瞑想

空風瞑想は忘れてしまった本当の自分を取り戻す瞑想法です。瞑想の中で、今まで気が付かなかった心の新しい扉を開き、静寂でありながらも存在に満ち溢れ、完全に目覚めている本当の自分をそこに見つけていきます。そこを自分の拠り所にするとき、新しい自分の人生が始まっていきます。