瞑想の原点(67)歓喜

私は世界中で自分を喜ばせる何かを探していた。それを見つけることはできたが、すぐに消えてしまった。私は消えた喜びを探しに何度も世界の中へと出かけた。私が本当の自分を知ったとき、私はそれが喜びそのものだと気付いた。その喜びは決して消えることがない。それでも、身体や心が世界の喜びを求めることがあった。しかし、私はそれがどんなものでも消えてしまうと知っていた。ただ、私はすでに失うことのない喜び自身だったので、求めるものが失われても何の問題もなかった。

空風瞑想

空風瞑想は忘れてしまった本当の自分を取り戻す瞑想法です。瞑想の中で、今まで気が付かなかった心の新しい扉を開き、静寂でありながらも存在に満ち溢れ、完全に目覚めている本当の自分をそこに見つけていきます。そこを自分の拠り所にするとき、新しい自分の人生が始まっていきます。