瞑想の原点(51)破壊

私は世界の中で真実を求めることを諦めた。世界の中の真実はどれも期待はずれだった。私が本当の自分を知ったとき、私はそれが求めていた真実だと気づいた。しかし、私はそれを破壊し、それから離れようとし、それの存在を疑った。それは壊すこともできず、それから逃れられず、すべての疑いを晴らした。それで私は本当の自分を信じることができた。私がそれでいるとき、世界でさえ真実で輝いている。

空風瞑想

空風瞑想は忘れてしまった本当の自分を取り戻す瞑想法です。瞑想の中で、今まで気が付かなかった心の新しい扉を開き、静寂でありながらも存在に満ち溢れ、完全に目覚めている本当の自分をそこに見つけていきます。そこを自分の拠り所にするとき、新しい自分の人生が始まっていきます。