瞑想の原点(43)分離

地球には大勢の人々が暮らしている。それぞれが自分は個人だと思って生きている。個人には名前があり、性格があり、記憶がある。それで私も他の人とは違う個人だと信じていた。私が本当の自分を知ったとき、私は個人ではないことに気づいた。そのとき、私は個人という分離を超えて、大きな意識とひとつになっていた。そして個人に見える全ての人々が、そこでつながっていると分かった。

空風瞑想

空風瞑想は忘れてしまった本当の自分を取り戻す瞑想法です。瞑想の中で、今まで気が付かなかった心の新しい扉を開き、静寂でありながらも存在に満ち溢れ、完全に目覚めている本当の自分をそこに見つけます。それを自分の拠り所にすることで、人はその真実と共に蘇り、新しい自分として生きることを始めていきます。