神の声 第3章:大樹の精霊(10)

「偽りを切り裂く剣を持ち我が大地に立つ不動の覇者よ」

「私は新しい目が開かれた思いがします」

「私も貴方とともに瞑想をしようと思います」

「私の中の存在を知るために」

 精霊はそう男に言った。


「夜の闇を切り裂く稲妻にして真実の探求者よ」

「偉大なる貴方が真実を知るとき」

「世界が歓喜する姿を見ることでしょう」

「存在という本当の自分自身と共にあることを」

「引き裂ける者は誰もいません」

 男は精霊にそう答えた。


 大樹の精霊と男が瞑想をすると、

 森は静けさに満ち溢れた。

 鳥は絶え間なくさえずり、

 木の葉は風に揺られて鈴のような音を立てる。

 その中にあっても、

 存在の静寂は破られることはなかった。


 それから、男のもとには、

 何人かの人間たちが来るようになった。

 そこで一緒に瞑想をしたり、話をしたりする。

 大樹の精霊も共に瞑想をし、その話に耳を傾けた。


 年月が過ぎて、

 男は人間としての寿命を迎えて、あっけなく死んでしまった。

 人間の寿命の短さに大樹は悲しみを感じた。

 男は僅かな灰になり、大樹の根本に埋められた。

 誰かがそこに小さな墓標をこしらえた。


 だが、大樹の精霊はその男がいまでも生きている気がしている。

 人間としては死んでしまったが、

 存在としては死ぬことがないのだ。

 

 そして、精霊はその存在を知っている。

 いつでも瞑想して、自分の心の奥深くに向かえば、

 存在は当たり前のようにいつでもそこにいる。

 それが、あの男のような気がする。

 そして、それが自分でもある。


空風瞑想

空風瞑想は忘れてしまった本当の自分を取り戻す瞑想法です。瞑想の中で、今まで気が付かなかった心の新しい扉を開き、静寂でありながらも存在に満ち溢れ、完全に目覚めている本当の自分をそこに見つけていきます。そこを自分の拠り所にするとき、新しい自分の人生が始まっていきます。