神の声 第3章:大樹の精霊(8)

「何よりも透き通った魂を持ち、すべてに寄り添う慈悲の主よ」

「世界の変化する物事の中には生命の本質がないということですか」

「いや、そこに本質はあるけれども、見かけではないということなのですね」


「私は世界の見かけだけを現実として生きてきました」

「そこで誰もが幸せで豊かさを保ちながら生きていくこと」

「それが生命の望みであり、目指すべき高みだと信じてきました」


「私は末永く大樹として生き」

「世界を見渡し続けたいと願っています」

「そうすることで生命たちの役に立ち」

「生命たちを豊かにし」

「幸福のうちに寿命を全うする生命たちの姿を見届けたいのです」


「人間たちでさえ」

「この世界で望みを叶えることを至上の喜びにしています」

「いつでも食に満たされ、あたたかな衣服、快適な住居があり」

「心満たされる仕事や知的好奇心を満足させる学びに心躍らせる」

「あなたでさえ、食事をして水を浴びて快適な状態を望んでいるはず」

「そして、この世界には生命の望むだけのものが豊かに存在しています」


「生命が願望を叶えるということは」

「世界に対しても計り知れない恩恵を与えます」

「生命の願望が世界を動かしていると言えるくらいです」


「本当の自分を知ることは、それ以上のことなのでしょうか」

「どんな願望よりも生命や世界を豊かにするものなのでしょうか」

 精霊はそう男に尋ねた。


「偉大なる生命の潮流を身にまとい、その具現を司る偉大なる創造者よ」

「この世界ではどんなに小さな生命でも願望を持っています」

「それは単に生きることであったり」

「世界の物事をその手に収めることだったりします」

「豊かで快適であることは、生命の永遠の望みです」


「ただ、その願望の完結する所はどこなのでしょうか」

「どこまでも豊かさや快適さを求めることはできます」

「生命はどこまで願望を実現すれば完全に満足するでしょうか」

「空はどこまでも高く、どれだけその高みを目指しても」

「頂上というものがありません」


「それと同じように」

「この世界でどれだけ願望を実現させても」

「それだけで生命を完全に満足させることは不可能なのです」


「そもそも、願望が目指している所は願望の実現ではなく」

「願望が無い状態です」

「願望がなくなることこそ、願望の完全な成就なのです」

「願望がなくなってしまえば、それは生命の躍動を失うことになる」

「そうであったとしても、生命の最高の望みは叶うことになります」


「その状態というのは完全な静止です」

「生命が静止するとは死を意味するかもしれません」

「でも、生命の一番深い所は常に静止しています」

「その静止点があるからこそ、生命の活動があり得るのです」


「自分の心の奥底を探っていって」

「その静止点を見つけることが完全なる願望の実現になります」

「そこにおいては、もはや願望はありません」

「なぜなら、そこでは思考活動が一切起こらないからです」

「思考がなければ願望も起こりません」


「願望が起こらなければ、生命は満たされたままです」

「不足しているものなど、そこにいれば何も無いのです」

「この静止点こそ、本当の自分です」

「生命はそこで完全になります」


「ただ、そうは言っても」

「自分がその静止点から離れていけば」

「たちまち身体には欲求が起こり、心は満たされることを望み始めます」

「完全に満たされた本当の自分でいながらも」

「身体や心は不完全なまま、世界に何かを求めてしまいます」


「それでも、生命は本当の自分を保っていれば満たされ続けます」

「満たされることと満たされてないこと」

「この相反することが生命の中で起こっているようですが」

「このことは見事に均衡が取れています」


「生命は静止点という本当の自分で完全に満たされているため」

「身体や心が満たされいなくても問題ではありません」

「それがどれだけ世界の中に何かを渇望していようとも」

「願望が実現しようと、実現しなくても完全なのです」


「本当の自分を知ることは」

「この世界で何かを得て、喜びに満たされるということとは」

「根本的に違っています」


「それを世界の物差しで比べることはできません」

「世界のどんな物事をも超えた所にある真実」

「それが本当の自分なのです」

 男は精霊にそう答えた。


空風瞑想

空風瞑想は忘れてしまった本当の自分を取り戻す瞑想法です。瞑想の中で、今まで気が付かなかった心の新しい扉を開き、静寂でありながらも存在に満ち溢れ、完全に目覚めている本当の自分をそこに見つけます。それを自分の拠り所にすることで、人はその真実と共に蘇り、新しい自分として生きることを始めていきます。