神の声 第3章:大樹の精霊(7)

「大宇宙の神秘を見通し、あらゆるものに真実を伝える覚者よ」

「自分が本当の自分、つまり存在だと知れば」

「悲しみや恐れと言う感情が心に起こっても」

「平気になるということでしょうか」

「誰もがその感情で困っています」

「それは、どんな感情に対しても」

「平然としていられるくらい」

「心を強くしてくれるのでしょうか」

 精霊はそう男に尋ねた。


「聖なる水流の中に真実を見る目を持つ竜族の王よ」

「自分が存在だと知ることは心を強くすることではありません」

「それはそんな心の変化を超えていきます」

「心の変化を超えたところにいて」

「心そのものでありながら、心の変化に影響を受けずに存在するのです」


「例えば、水は嵐の海になることも澄んだ湖になることもできます」

「冷たい雪や氷になり、時には空を舞う雲や雨にもなります」

「そう姿形は違っていても、それらは水であることに違いはありません」

「このことは疑いようのない真実です」


「それと同じように」

「存在でできている心の姿がどのように変わったとしても」

「存在自体が変わることはありません」

「存在自体が変わることがないのであれば」

「それが悲しみや恐れになっても、存在には何の問題もありません」


「このことは自分とは存在であるという」

「確かな信頼がなければ理解することができないでしょう」

「その理解に少しでも不確かなところがあれば」

「たちまち生命は心の変化に飲み込まれてしまいます」


「それは悲しみや恐れだけではありません」

「心地よさや幸福感といった好ましい状況にも飲み込まれます」

「それを得たり失ったりすることに自分自身を重ねて」

「自分が良くなったり悪くなったりしていると思い込むのです」


「そして、それが一種の執着になります」

「心が良い状態にならなければ」

「人間として不完全であると信じ」

「そんな自分を変えなければと思います」


「心が良い状態の人間になりたいという思いは」

「もちろん悪いことではありません」

「ただ、本質的な場所から見ると」

「そうすることは限界があります」


「世界という変化する場所においては」

「自分を良い状態に固定することは不可能なのです」

「世界の変化という強大な力の前では」

「心の状態を望ましい形に固定しようとしても」

「それがどれだけ心の強い人であっても」

「とうていそれに太刀打ち出来ないでしょう」


「心を強くすることは」

「本当の自分を知ることと全く違った領域の話になります」

「心を強くすることを超えていくためには」

「瞑想して本当の自分という真実を」

「確実に自分で理解しなければなりません」

「そうしなければ、変化する世界の中に巻き込まれて」

「いつまでも心の変化に左右される人間であり続けるでしょう」

 男はそう精霊に答えた。

空風瞑想

空風瞑想は忘れてしまった本当の自分を取り戻す瞑想法です。瞑想の中で、今まで気が付かなかった心の新しい扉を開き、静寂でありながらも存在に満ち溢れ、完全に目覚めている本当の自分をそこに見つけます。それを自分の拠り所にすることで、人はその真実と共に蘇り、新しい自分として生きることを始めていきます。