神の声 第3章:大樹の精霊(3)


「底知れぬ深い井戸の目を持つ不滅なる真理の具現者よ」

「私は最も古い自分のことを知りませんでした」

「私は数千年もこの大地に生きていますが」

「その生まれる前については知る由もありません」

「この世界においては、いま生きているということだけが真理です」

「ここに誕生する前に、どんな自分として生きていたのかは」

「現実味がなく、まるで過ぎ去った幻のようです」

「あなたが言われるその最も古い自分とは」

「宇宙を漂流する魂のようなものなのでしょうか」

 精霊は男にそう尋ねた。


「大宇宙の暗闇に黄金の幹を輝かせる聖なる大樹よ」

「本当の自分とは魂ではありません」

「魂にはまだ個人的な匂いが残っています」

「それは個として区別できる存在です」

「本当の自分は個人的な匂いが全くありません」

「瞑想によって本当の自分を見つけたのなら」

「それとひとつになるために」

「私から個の匂いを消していかなければなりません」

「そうして最も古い自分とひとつになると」

「本当にそれ以上古い自分に遡れないと分かります」

「そうなった時、私は個人ではなくなっています」

「最も純粋な魂さえ超えて、自分がただの存在になっているのです」

「私は自分の根源がただ存在することだと知っています」

「今もそれそのものになるために瞑想をしています」

 男は精霊にそう答えた。


「全知全能の神をも超えて宇宙の深淵に生きる大いなる知性よ」

「自分がただの存在だと知ることに意味はあることなのでしょうか」

「世界で生きることは神秘的で色彩豊かな美しさがあります」

「でも、あなたのお話からすると存在にはそんな美しさを感じません」

「私が感じるのはそこに何もないという空虚さの支配です」

「そんな空虚さが本当の自分だと知ることは」

「悲しいことのような気がします」

「そんな自分を知ることは」

「世界の色彩豊かな姿に勝るものなのでしょうか」

 精霊は男にそう尋ねた。


「どこまでも高みを目指す荘厳なる樹木の大王よ」

「存在には色彩はありません」

「でも、色彩は存在がなければ生まれることができません」

「存在とは決して空虚なものではなく」

「すべての可能性の未発現の状態なのです」

「世界のすべてがこの存在に根ざしています」

「本当の自分とは世界の可能性のすべてなのです」

「ただ、未発現と言うだけで」

「それを空虚であるとか美しくないと決めつけることは」

「あまりにも表面的な見方でしかありません」

「ただの黒い土がなければ、どんな美しい花も咲くことができません」

「花の美しさだけにしか目を向けないなら」

「その発現の源である黒い土を無視していることになり」

「美しさの本質を見誤ることになるでしょう」

「その生命の根源を知るために瞑想をして」

「そこにある存在が確かに自分だと知れば知るほど」

「それが何の動きもなく、いつでもそこに在るということに」

「空虚さどころか、想像を超えた凄さを感じるのです」

 男はそう精霊に答えた。


空風瞑想

空風瞑想は忘れてしまった本当の自分を取り戻す瞑想法です。瞑想の中で、今まで気が付かなかった心の新しい扉を開き、静寂でありながらも存在に満ち溢れ、完全に目覚めている本当の自分をそこに見つけます。それを自分の拠り所にすることで、人はその真実と共に蘇り、新しい自分として生きることを始めていきます。