神の声 第3章:大樹の精霊(1)

 その大樹は深い森の中に立っている。

 そこで朽ちることなく、数千年を生きてきた。

 大樹の姿は森の他の木々と比べて際立って大きく、

 その幹は壁に思える程に太い。

 

 幹からはいくつもの枝が力強く上へと伸び、

 その先に繁る無数の葉たちが、空一面を鮮やかな緑で覆っている。

 遠くの山から森を眺めれば、

 抜きん出た大樹のその壮観な姿を目にすることになる。

 

 大樹は、いつもその高みから遥か彼方まで広がる大地を見渡し、

 一枚一枚の葉に当たる気まぐれな風の舞いや、

 地中深く張り巡らした根から伝わる大地の鼓動を感じていた。

 

 たくさんの鳥たちがその枝を住まいとし、

 森の動物たちが樹の実を食べにやって来る。

 大樹は多くの生命たちをその腕の中に抱えて育み育てている。

 それが大樹にとっての生きている日常だった。

 その生命たちの営みに触れていると、大樹は微笑ましい気持ちになる。

 何千年生きていても、それに飽きることはなかった。

 

 ある日、ひとりの男がやってきて、大樹の根元に腰を下ろした。

 そして、そこで瞑想を始めた。

 大樹はそんなことをする人間を初めて見たので、とても興味を惹かれた。

 

 男は、時折、近くの小川で水を浴び、僅かな樹の実を口にする以外、

 ずっと樹の下に座って瞑想をしている。

 

 大樹は、目を閉じてじっと座っている男を見るたびに、

 一体何のためにそんなことをしているのか不思議に思った。

 大樹は好奇心を抑えきれず、男の心の中で声をかけてみることにした。


「大地よりも深く、風よりも軽やかな心を持つ至高なる聖者よ」

「畏れながらお尋ねします」

「私はあなたが座っている根を生命とする樹の精霊です」

「あなたはそこで何をしているのでしょうか」

「良かったら教えてもらえないでしょうか」

 大樹は男を驚かせないように控えめな声で話しかけた。


「偉大なる大樹の精霊よ」

「大地の守り神にして空を支配する王に声を掛けていただき」

「私の心は喜びによって光に満ちる思いです」

「私はここで瞑想をしています」

「瞑想をして、自分を見つめているのです」

 男は心の中で大樹の精霊にそう答えた。


「底知れぬ心眼の持ち主にして深遠なる静寂の支配者よ」

「瞑想とは何でしょうか」

「瞑想して自分を見つめることで、何を得ることができるのでしょうか」

 精霊はそう男に尋ねた。


「生命の根源に座する高貴なる黄金の種子よ」

「瞑想は自分を知るための行になります」

「瞑想しているとき、私は自分の心の中心にいて」

「そこで本当の自分自身を知ろうとしているのです」

 男は精霊にそう答えた。


「誰も動かし得ぬ大岩をもひれ伏させる完全なる不動の勝者よ」

「本当の自分を知るとはどういうことなのでしょうか」

「それを知ることに意味はあるのでしょうか」

 精霊はそう男に尋ねた。


「無上の慈愛に満ちた偉大なる大地の統治者よ」

「本当の自分を知ることは、決して変わることのない自分を知ることです」

「本当の自分は変化することがないのです」

「ほとんどの人間は身体や心が自分だと思っています」

「しかし、それは世界の動きに合わせて変わっていくものです」

「世界は動くという性質を持っています」

「つまり、変わっていく身体や心は世界のものなのです」

「世界の動きに合わせて変わるものは、本当の自分ではありません」

「だから、私は世界の動きに左右されない」

「本当の自分を瞑想で知ろうとしています」

「私の中に本当の自分がいることは分かっています」

「それをより知ることで、私はこの世界から自由になることができます」

「自由になること、それは私にとって意味あることになります」

 男はそう精霊に答えた。


空風瞑想

空風瞑想は忘れてしまった本当の自分を取り戻す瞑想法です。瞑想の中で、今まで気が付かなかった心の新しい扉を開き、静寂でありながらも存在に満ち溢れ、完全に目覚めている本当の自分をそこに見つけます。それを自分の拠り所にすることで、人はその真実と共に蘇り、新しい自分として生きることを始めていきます。