神の声 第2章:砂漠の行者(19)

 ふと、冷たい風を感じて、私はゆっくりと目を開けた。

 目の前に男が座っていて、じっと私を見ている。

 男の後ろには夜の砂漠の底知れぬ暗闇が広がっていた。


「瞑想から覚めたようだな」

「どうだ、何か分かったことはあるか」

 男はいつも通りにそう私に言うと、白い歯を見せて笑った。


「ええ、私がそこにいるということは分かりました」

「でも、すぐに意識が何処かに飛んでしまいます」

「考えとかイメージとか」

「そして、それがとても楽しく思えます」

「そうすると、自分でいることの意味が分からなくなって」

「何というか、自分は幸福に浸ることを求めいると分かってしまうんです」

「こんな瞑想が意味あることなんでしょうか」

「本当の自分を知ることが、本当に私の求めていることなんでしょうか」

 私は困惑した顔で男を見た。


「そうだな、本当の自分に意識を向けていられないのは」

「当たり前のことだ」

「いままで、そんなことしてこなかったし」

「慣れてないからな」

「心の記憶に意識を向けてしまうことは仕方がないことだ」


「だが、そう感じられるということは」

「自分の視点を意識し始めているということでもある」

「だから、それが瞑想の失敗だと思わないことだ」

「つまり、それは意味のある瞑想だ」

「自分の固定概念に振り回されないようにな」

 男はそう言うと私の肩を軽く叩いた。


「こんな瞑想でもいいんですね」

「でも、この瞑想が本当に自分のためになるんでしょうか」

「人生の時間を瞑想に費やすことが意味あることなのか」

「だたじっと座っているだけのことです」

「それよりも人生はもっと活動的であるべきで」

「どのような活動をするべきかを考えた方が意味がある気がします」

「人生は楽しむべきものであって」

「そのために自分は生きているんじゃないかと」

 私は男の意に反するかもしれないと思いながらも、

 思い切ってそう尋ねてみた。


「ふむ、まあ、おまえの言うことも分からんでもない」

「ただな、自分で分かっているかどうか知らんが」

「おまえは循環に陥っているぞ」

「まあ、あの女がいろいろと知恵をつけたんだろうが」


「どれだけ素晴らしい人生を過ごそうとも」

「誰がその人生を過ごしているのか知らなければ」

「それは素晴らしい人生を過ごしているとは言えない」

「そこがおまえの出発点だった」


「つまり、自分とは誰なのかを知ること」

「それを知ってから、自分が本当に人生を生きていると分かる」

「もし、自分を知らなければ」

「いつまでたっても素晴らしい人生は自分のものにならず」

「だから、飢えたように人生に起こることを求め続ける」

「決して満たされないままな」

「これが循環だ」

「輪廻転生とか言うこともある」


「あの女はその循環を世界の中に留めたいのさ」

「そうすることであの女は存在することができるからな」

「あの女の正体はおまえの固定概念だよ」

「今まで通り、世界におまえを留めることで」

「世界を終わることなく循環させたいと思っている」

「それが固定概念の幸せだ」


「おまえを無知のままでいさせたいのさ」

「まあ、無知のままでも生きていくことはできる」

「人生で楽しいことや充実した感じとかも経験できるだろう」

「だけどな、そんなことは過ぎ去っていく」

「過ぎ去っていくから、またオアシスを求めるように」

「おまえは砂漠をさまようのさ」

「無知なままということはそういうことだ」


「もし、この自分の状況に決着をつけたいのなら」

「世界から離れて本当の自分を知るしかない」

「それは瞑想で自分の視点を見つけることで始まる」

「それを本当の自分だと知ることで」

「循環は完全に終わる」


「いつでも思い出すことだ」

「お前に視点があることをな」

「本当の自分はここにいると思い出すこと」

「それが瞑想で培われていくと」

「何が真実かってことも、瞑想で分かっていく」

「何が真実か」

「オレや女の存在が真実なのではない」

「砂漠やオアシスが真実なのではない」

「そこに必ず存在しているおまえが真実なんだ」

 男はそう言うと風の中に掻き消すようにいなくなった。

 そこに残っているのは私だけだった。


 私は言葉もなく、そこで目を閉じた。

 男の言った言葉の意味というよりも、その余韻を感じていた。


 瞑想に入ると自分がそこにいるのを感じる。

 それだけが、確かな真実だった。

 他には何もない。


 それはとても小さい。

 いままで自分に取り憑いていた自分でないものを捨て去っている。

 それは素晴らしい人生に比べたらつまらないものかもしれない。

 だけど、そのつまらない小さな一粒の中に、

 すべての素晴らしい人生が詰まっていると感じた。


 私は小さな砂粒になった。

 そのとき、私は自分が砂漠だということに気がついた。

 小さな砂粒は果てしない砂漠のすべてでもあるのだ。


空風瞑想

空風瞑想は忘れてしまった本当の自分を取り戻す瞑想法です。瞑想の中で、今まで気が付かなかった心の新しい扉を開き、静寂でありながらも存在に満ち溢れ、完全に目覚めている本当の自分をそこに見つけていきます。そこを自分の拠り所にするとき、新しい自分の人生が始まっていきます。