神の声 第2章:砂漠の行者(7)

「それで、あなたは私を」

「その、お宝とやらに案内できるんですか」

「あなたがそこにいるということは」

「まだ間に合うということですよね」

 私がそう言うと、男はにやりとした。


「間に合うも何も、いつでも大丈夫さ」

「おまえが正気を保っていていてくれればな」

「ただ、おまえがオレに消えてくれと願えば」

「オレは砂漠の風になってお前の前から消え去るだけだ」

 男はそう言うとおどけたような仕草をした。


「では、私が知りたかったこと」

「それがその、幸福感を超えるお宝なんですね」

「それはぜひとも知ってみたいです」

 私は男の話にとても興味が引かれた。


「分かった」

「だがな、一言いっておくが」

「それはあのオアシスの幸福を超える幸福感ではないぞ」

「それはこの世界とは次元が違うってことだ」

「だから、この世界の物差しでそれを評価しないでくれ」

「それがちょっと大事なことだ」

 男はそう言って私に釘を差した。


「はい、よく分かりませんが…」

「心に留めておきます」

「それで、そのお宝って何なんですか」

 私は早くその答えが知りたかった。


「うむ、それはな」

「おまえ自身ことだ」

「つまり、おまえが誰かってことさ」

 男はあっさりとそう言った。


「私自身のことですか」

「私自身がお宝ってことなんですか」

 私はまだよく飲み込めなかった。


「そうだ」

「おまえ自身の本当のことを知ること」

「これがお宝だ」

 男はそう言ってじっと私を見た。


 私は何がなんだかよく分からなかった。

 自分の本当のことって何だ。

 私は自分のことを知っているつもりだ。

 だけど、それは違うということなのか。


「もちろん、おまえは自分を知っていると思うだろう」

「だがな、本当の自分はそれとかなりかけ離れている」

「おまえが信じている自分は本当の自分じゃないのさ」

「だから、おまえは本当の自分を知る必要がある」

「おまえが求めていたものはそれだよ」

 男はそう言うと私の目の前から消えてしまった。


 私が求めていたもの。

 それは本当の自分自身。

 それはどこにある。

 どこにある。


 いつの間にか夜が明けて空が白んできた。

 果てしない砂漠の風景が光に照らされて現れてくる。

 さっきまで男がいた場所は、

 ただ穏やかな砂漠の風が吹いているだけだった。


 私は立ち上がって四方を見渡した。

 どこを見ても砂漠の地平線が広がっている。

 私は何かを思い出して、

 地平線からゆっくりと昇ってくる太陽を目指して歩き出した。


 太陽は次第に高く昇り、

 それが天井に掛かる頃には、また私を焼き尽くそうとする悪魔の炎に変わった。

 私は身体を焼かれながら、空腹と喉の渇きに耐えながら歩いた。

 ふと顔を上げると、ぼやけた視界の向こうに森のような木の影を見つけた。

 あのオアシスなのか。

 それともただの蜃気楼か。

 オアシスなら、そこまでいけば助かる。

 私の中でそこに辿り着くことが唯一の希望になった。


 そこは蜃気楼でも幻でもなかった。

 確か、昨日見た光景と同じだ。

 同じ場所なのかもしれない。

 数本の木々が涼し気な木陰をつくっている。

 やはり見覚えがある。

 あれは夢ではなかったということだ。

 木々の傍には池があって、澄んだ水が絶え間なく池底から湧き出している。

 水面が太陽の光を反射してキラキラと美しく輝いていた。


 私は足を引きずるようにして池の縁まで行き、

 そこでひざまずくと、貪るように水を飲んだ。

 そして木の根本に腰を下ろした。

 そうしてほっと安心した途端、身体の疲れが一気に吹き出してきて、

 私はそのまま目を閉じて眠りに落ちていった。


空風瞑想

空風瞑想は忘れてしまった本当の自分を取り戻す瞑想法です。瞑想の中で、今まで気が付かなかった心の新しい扉を開き、静寂でありながらも存在に満ち溢れ、完全に目覚めている本当の自分をそこに見つけていきます。そこを自分の拠り所にするとき、新しい自分の人生が始まっていきます。