神の声 第2章:砂漠の行者(6)

「おい、起きろ」

 男の低い声が聞こえた。


「えっ…」

 私は思わずそう言って目を開け、

 上半身を起こして座った。


 あたりは漆黒の暗闇に包まれている。

 眠っている間にどうも夜になってしまったようだ。

 そして、目の前には前の晩に現れた男が座っていた。

 周りを見回すと、あの木陰も池もない。

 私は何ひとつない砂の丘に座っていた。


「おまえ、しっかりしないと循環に引き戻されるぞ」

「おまえが揺れ動いていると、オレも安定しない…」

「オレに会うことは簡単なことじゃないんだぞ」

「だけど、まあオレのことが見えるということは」

「おまえが求めているものをオレは知っているということだ」

「だから、こうしていられる」

「きっと、オレはおまえが来るのをずっと待っていた」

「そういうことだ」

 男はそう言って私を見た。

 星空のような男の目は暗闇の中でもはっきりと見える。


「あの、何のことを言っているのか分かりません」

「私がいたあのオアシスはどこなんでしょうか」

「それとも、あなたがそこから私をさらったんですか」

「それなら、またそこに戻してくれませんか」

 私は泣きそうな顔で懇願するように男に言った。


「やれやれ、しっかりしてくれ」

「そんなんじゃ、本当にそこから戻れなくなるぞ」

「おまえがしっかりしないと」

「オレはまたおまえの前から消えることになる」

「おまえがこの砂漠で何をしたかったのか思い出してくれ」

 男は半ばあきれたようにそう言った。


「いや、辛いだけの砂漠とかはもう良いんです」

「私は生命が満たされる幸福の地を見つけたんです」

「それが私が見つけたかったことです」

「いままで、私は幸福を虚しいものだと思ってきました」

「でも、普通の幸福こそ素晴らしいものだと気がついたんです」

「砂漠はこのことを気付かせてくれました」

「私はこの旅を終わりにします」

 私はそう男に言って、この状態を何とかしようとした。


「ああ、おまえがそんなことでは」

「オレはここで消えることになるな」

「あの女もそれを望んでいるだろう」

「おまえはあの女にいいように操られてしまったようだ」

「まあ、おまえもそこまでの人間だったということだ」

「ちょっと期待したオレが馬鹿だった」

「残念だがな」

「また、しばらくオレの出番はないな」

 男はそう言って空を仰いだ。


「…ちょっと待って下さい」

「私が女に操られたって、どういうことなんですか」

「いろいろ意味が分かりません」

 私は男の言葉に引っかかるものを感じた。


「まあ、あまりそれには触れないルールだ」

「おまえが自分で判断しなきゃならない」

「だが、あの女はルールすれすれで攻めてくるからな」

「おまえ、木陰や池を見つけて、そこで満腹になって」

「女の色香にやられて、幸福な気持ちになって」

「これが生命そのものだ、とか思っただろう」

「それはあの女の策略だよ」

 男はそう言って哀れみの表情を見せた。


「それって、いけないことなんですか」

「その、満たされて幸福感に浸ることが」

 私は本当のことを言い当てられて、

 少し苛立ちながら男に聞いた。


「いけなくはないさ」

「それが人間ってものだからな」

「だがな、それだけだと宝物を取られたままなのさ」

「女はその宝物のことは何も言わないだろう」

「それを隠しておくことで」

「あの女は存在できるからな」

「あの女はお宝に気付かれないようにするために」

「おまえに満たされた気持ちや幸福感を与えている」

「そういうことだ」

 男は平静な言葉でそう言ったが、

 かなり引っかかるところがある。


「宝物って何なんですか」

「あの幸福感よりも良いものなんてこの世にあるんですか」

 私は男の言い方にじれったさを感じた。


「宝物というのは」

「おまえを引きつけようとするために使った言葉だ」

「まあ、これもルールすれすれってやつだな」

「それはな、おまえが砂漠に出る前に知りたかったことだよ」

「それが、まあお宝だ」

「そのお宝を誰かが見つけようとすると、オレとつながる」

「そこでオレの仕事が始まるのさ」

「オレはおまえをお宝へと案内できる」

「だが、話はそう簡単じゃない」

「必ずあの女が現れて、それを邪魔するからな」

「それが邪魔していることだと感づかれないように巧妙に…」

 男の言うことにも何となく真実味を感じる。

 やはり私は何か間違っていたのか。


空風瞑想

空風瞑想は忘れてしまった本当の自分を取り戻す瞑想法です。瞑想の中で、今まで気が付かなかった心の新しい扉を開き、静寂でありながらも存在に満ち溢れ、完全に目覚めている本当の自分をそこに見つけていきます。そこを自分の拠り所にするとき、新しい自分の人生が始まっていきます。