神の声 第2章:砂漠の行者(5)

 だが、それでは今までと同じだ。

 快楽の日々はあの街でさんざん経験してきた。

 私はそれが息苦しくなって砂漠に踏み入ったのだ。

 今どれだけ幸福で満たされていても、

 いつかその幸福が息苦しくなってくる。

 与えられたもので満足することに苛立ってくる。

 私はここに長居をしては駄目だと思った。


「あなたは、なぜ幸福で満たされることを拒むのかしら」

「誰もがこれを望んでいるのよ」

「与えられたものは受け取ればいいの」

「それに満たされることは間違ったことではないのよ」

 女はそう耳元で囁いた。


「私は…」

「私は自分が幸福を求めているのか分からないんです」

「それが分からなくて砂漠をさまよっています」

 私は目を開けて正直にそう言ったが、

 女の顔を見て、すぐにこれは何の説得力もない言葉だと気づいた。


「幸福を求めているか分からないですって」

「でも、あなたはここで冷たい水を口にして渇きを癒し」

「木陰で熱した身体を休ませて生命の喜びを感じたのは事実よ」

「結局、あなたはそんな幸福を求めていたんじゃないのかしら」

「それがあなたの知りたかった答えなのよ」

 その通りだ。女の言葉には説得力がある。

 私が望んだその事実を拒んでいる私は狂人だろう。

 いったい自分で何が言いたいのか分からない。


「ええ、あなたの言うことはもっともです」

「私は水や木陰を求めて、そして幸福を得ました」

「それでも、それは求めているものではないんです」

 やっぱり私は狂人のようだ。

 自分言葉を聞きながら冷静にそう思った。


「あなたの言っていることはよく分からないわね」

「もしかして、あなたはただ自分を痛めつけたいだけなのかしら」

 女はそう言って冗談っぽく笑った。


 そうかもしれない。

 私は自分を痛めつければ、

 何か答えが出てくるかもしれないと思い込んでいるのか。


「そうよ。無駄に苦しむことなんてないわ」

「ただ自然に与えられる幸福を受け取って生きればいいの」

「何も考えなくても、気持ちよく生きていけるものよ」

「こうして楽に生きていけるのに」

「なぜ、あなたがそれを拒むのか理解できないわ」

 女は私が考えていることが分かるようにそう言った。


 私はふと顔を上げて自分の周りを見回した。

 数本の大きな木が陰をつくり、

 その向こうには透明な水をたたえる池がある。

 私の腰の下には手触りも柔らかい冷えた砂があって、

 その感触が私を癒やしている。

 私が何を考えようと、私の周りのものたちは変わることがない。

 それそのものとしてあるだけだ。

 私もそのように自然であれば良いのか。

 

 そうだとすると、私が求めている何かは無意味なことなのか。

 もう、考えるのは止めよう。

 あるがままにこの満たされた感覚に身を委ねよう。

 私はそう思って全身の力を抜くと、目を閉じて木の幹にもたれた。

 女がそんな私を見て微笑んでいるのが分かる。

 私はその感覚に安心して、そのまま眠ってしまった。


 芳ばしい香りがして、私は目を覚ました。

 私の目の前には、たくさんの食べ物が用意されていた。

 いくつもの大きな器に肉や果物などが山盛りになっている。

 女が目覚めた私を見て、酒をグラスに注いだ。

 そして、どうぞという目をした。

 

 私は自分が空腹であることを思い出した。

 空腹感に気がつくと、それは抑えきれない波となり、

 遠慮なしに食べ物に手を伸ばした。

 そして、夢中で肉や果物を口の中に放り込んだ。

 いやでも空腹が満たされていく幸福を感じる。

 注がれた酒を口にすると、程よい酔いが幸福をさらに増大させる。

 

「どう、幸せな気持ちになったかしら」

 女がそう私に聞いてきた。


「ええ、とても」

「とても素晴らしい気持ちです」

「こんな気持ちになったのは久しぶりな気がします」

「身体も心も喜びで満ち溢れています」

 私は女にそう言って微笑んだ。


「ここにいれば、あなたは毎日こんな生活を送れるわよ」

「何も心配いらないわ」

「身体と心を幸せで満たしながら」

「ここで人間としての生命を楽しむの」

「私はそのためにあなたにお仕えするわ」

 女はそう笑顔で言った。


 こんな素晴らしい処があるのか。

 まるで夢のようだ。

 この女は本当に女神かもしれない。

 私は女神に使えられて、特別な存在になったのだ。

 これが完璧な成功者になるということか。


 誰も知らない砂漠を越えたところにあるこの世界。

 ここはあの過酷な旅をしなければ得られない世界なのだ。

 私は正しい選択した。

 苦しみを乗り越えて、そしてこの天国のようなオアシスにたどり着いた。

 きっとそうだ。


 食欲が満たされると、私は心地よい眠気を感じた。

 そして、柔らかい砂の上に横になると目を閉じた。

 近くで香が炊かれているのか、辺りは甘い香りで包まれた。

 女が手触りの良い柔らかな薄い布を私の身体に掛けた。

 遠くで優しい弦楽の音が聞こえる。

 すべてが満たされていた。

 なんて完璧な世界なんだ。

 私はすっかりこの場所の虜となった。


空風瞑想

空風瞑想は忘れてしまった本当の自分を取り戻す瞑想法です。瞑想の中で、今まで気が付かなかった心の新しい扉を開き、静寂でありながらも存在に満ち溢れ、完全に目覚めている本当の自分をそこに見つけます。それを自分の拠り所にすることで、人はその真実と共に蘇り、新しい自分として生きることを始めていきます。