神の声 第1章:天使と悪魔(15)

「神の話ですか、やっぱり」

「向こうでも問題なっているのね」

 白い悪魔がそう言って眉間にシワを寄せた。

 一陣の風が草原を波のような音とともに吹き抜けていった。


「それでどうなったの」

「神をどうすることにしたとか」

「そういう話になったのかな」

 黒い天使がせっついてくる。

 僕が記憶をたぐろうとすると、

 それは闇の中に消えていこうとする。

 それでも、僕は何とかしてその一端をつかもうとした。


「ええ、神について話をしていたところまでは覚えていますが…」

「そ、そうだ、神が現れましたよ」

 僕はそう言って顔を上げた。


「神が現れたの…」

 黒い天使はそう言って絶句した。


「そこまで悪化していたのね」

 白い悪魔がそうつぶやいて目を伏せた。


「でも、神は姿を持たないから…」

「で、神はどうやて現れたの」

 黒い天使が僕の目を覗き込んだ。


「ええ、現れたというか」

「僕の身体に乗り移るような感じで…」

「僕が神の言葉を喋ってました」

 僕はあの不思議な体験をおぼろげながら思い出した。


「あなたの身体を借りたのね」

「それは相当のことだわ」

 白い悪魔がそう言いながら空を仰いだ。


「でも、何を喋ったかは…」

「もう思い出せなくなっています」

 僕は申し訳ない気持ちになった。


「それは仕方がないわ」

「でも、あなたの話で大体の状況が分かったわ」

「あいつらは相当のヘマをしたってこと」

 白い悪魔の批判があの天使と悪魔に向けられたので、

 僕は少しホッとした。


「それで、君がここに戻る直前」

「そこで何か起こったの」

 黒い天使が僕の消えかかった記憶を揺り動かす。


「そうですね」

「確か、真っ暗になりました」

「光っている天使がその光を消していったんです」

「それで洞窟が真っ暗になって」

「僕たちはその闇に溶けていって」

「そしたら、僕はここにいたというわけで…」

 僕が思い出せることはこれが限界だった。

 僕の記憶はどんどん曖昧になっていく。 

 いま喋ったことの記憶すら薄らいでいく。


「まあ、あいつらなりに覚悟を決めて頑張ったのね」

「なんとかリセットは免れるかも」

 白い悪魔がそう言って黒い天使を見た。


 それにしても、ここは心が安らぐ場所だ。

 柔らかい光にあふれていて、空間がとても優しく感じる。

 僕のことを幸せの中に包み込んで、

 あふれるばかりの心地よさを注いでくれる。

 僕は空を見上げてゆっくりと深呼吸をした。

 これで僕の仕事は終わったのか。

 瞑想をして向こうの世界のことを探る任務だったのだろう。

 もう、記憶を手繰る気力もなくなり、

 力が抜けていって、目を閉じてこのまま眠りたくなる。

 もう、余計なことを考えずに、ここで…。


「ところで、君にはもう一度、あの洞窟に戻ってもらうから」

 黒い天使が僕の心を見透かしたように言った。


「えっ、また戻るんですか、あそこに」

 僕は身体から力が抜けるのを感じた。

 勘弁して欲しい。

「なんで戻らなければならないんでしょう」

「何か理由があるんですか?」

 理由があっても戻りたくはなかったが。


「そう、洞窟に戻るの」

「ここは現実の世界じゃないから」

「君はここにいてはいけないの」

「ここにいたら、君は心地よさの中に眠ってしまう」

「そしたら、中心が失われてしまう」

「そして現実の世界は混沌の中に飲み込まれて」

「最後にはリセットされてしまうのよ」

 黒い天使が真剣な目で僕を見つめている。


「ちょと待ってください」

「リセットされるとか、それって僕に関係があるんですか」

「そういえば、向こうの黒い悪魔が」

「リセットしてもいいんじゃないかとか」

「そんなこと言ってましたよ」

「無理して面倒なことをしなくてもいいんじゃないですか」

 僕は黒い天使に何とか思い直して欲しいと思った。


「そうね、確かに面倒なことかも」

「でも、君が戻らなければ」

「あの二人の覚悟は無駄になる」

「それでもいいなら、ここで永遠に眠っていればいい」

 黒い天使はそう言って草原の遠くを見た。


 あの二人、あの二人を消したのは僕だ。

 そういえば、そうだ。

 僕が光を消してと言ったばっかりに、

 二人は闇の中に消えてしまった。

 最後に聞いた悪魔の声が心の中に蘇る。

 僕はうつむいたまま黙った。


 二人も黙った。

 なんとなく気まずくなった雰囲気を無視するように、

 草原を渡る風の音が僕の心を癒やすように撫でていく。


空風瞑想

空風瞑想は忘れてしまった本当の自分を取り戻す瞑想法です。瞑想の中で、今まで気が付かなかった心の新しい扉を開き、静寂でありながらも存在に満ち溢れ、完全に目覚めている本当の自分をそこに見つけます。それを自分の拠り所にすることで、人はその真実と共に蘇り、新しい自分として生きることを始めていきます。