神の声 第1章:天使と悪魔(12)

「この光が邪魔だっていうのか」

「そいつはビックリだ」

「この光が世界を照らしているっていうのに」

「なあ」

 天使はそう言って悪魔を見た。


「まあ、オレにとっても邪魔くさい光だな」

「明るすぎる光はオレも好きじゃねえ」

「月夜くらいの薄暗い光がちょうどいい」

 悪魔は薄笑いを浮かべながら天使を見た。


「その光って、消すことはできるんですか」

 僕は天使を見て言った。


「まあ、消せないことはない」

「だがな、この光を消したら」

「ここは真っ暗闇になるぞ」

「それって、ちょっとヤバイ感じがするんだが」

 天使はそう言って額をさすった。


「完全に消すのはマズイんじゃねえのか」

「ちょっとは光がないと薄気味悪いだろう」

「目の前に化物が出てきたらと思うとな」

「あんまり感心しねえぜ、そんなこと」

「人間はろくなこと考えねえな」

 悪魔が顔を青くして言った。


「いままでこの光を消すなんてこと」

「考えたこともなかった」

「むしろ光を強めようとしてきた」

「いままでとは全く逆の発想だな」

「行き詰まっているオレたちには必要なことなのかもしれん」

 天使はそう言って目を閉じた。


「おいおい、オマエまでその気になるんじゃねえよ」

「そんなことは人間の思いつきの御託だぜ」

「オレは薄暗いのが好きなんだ」

「真っ暗闇なんか望んじゃいねえ」

「そう考えるんじゃなくてだな」

「もっとこの場所の飾り付けを考えたらどうなんだ」

「つまらんところなんか」

「人間どもは見向きもしねえぜ」

「こう電飾輝く酒場通りとかカジノとか」

「あっちの世界でも人間どもはそういうの大好きだろう」

「そうすれば、人間どももここに来ることに納得だぜ」

 悪魔は何とかして僕の提案を打ち消そうと無茶なことを言う。


「いやいや、オマエの言うことも説得力がない」

「そんな話、神さまの意図とは随分と違っているぞ」

「どうもオマエは保守的でいかんな」

「オマエの話は結局いつも現状維持だ」

「よっぽどこの人間の言い分の方が興味深い」

 天使はそう言うと僕の顔を眺めた。


「ちょっと待てって…」

 そう言う悪魔を遮って、天使は僕に言った。

「オマエが言ったことだ」

「どうなろうとも泣き言は言うなよ」

 そう言われると、僕にも自信がない。

 急に悪魔の意見に同調したくなった。

 僕はなんて言って良いか分からず困った顔をした。

 

 だが、よく考えたら、これは夢なんだ。

 夢の中で冒険しても、目が覚めればなかったことになる。

 僕は何とかそう思い込もうとして肩の力を抜いた。


「オマエ、もしかしてこれが夢だと思っているのか」

 天使が訝しげに首を傾げてそう言った。

「そう思っているとしたら、大間違いだ」

「こっちが現実なんだよ」

「いま、オマエは現実の中にいる」

「だから、夢から覚めてお終いということはない」

「この現実の中でそうする覚悟が必要だ」

 天使は僕の心を見透かすように言った。


「そうだぜ」

「オマエ、これが現実なんだぜ」

「この現実から覚めて」

「無事に夢の中に戻りてえだろう」

「余計なことは止めてだな」

「おとなしくしていたほうが良いんだって」

「神なんか、適当に怒らせておけばいいんだ」

「それで困ることなんかないんだからな」

「オレたちはのらりくらりと」

「適当に世界を楽しみながら生きていけば良いってことだ」

 悪魔は僕を取り込んで、天使の無謀な冒険を止めさせたいようだ。

 天使はどうするんだという目で僕を見ている。


 確かにあの時、僕は光のないあの闇の中にいた。

 そこで自分が消えていって、満たされていったのだ。

 光がなくなっても、きっとそうなるだけのことだ。

 それなら何の不安がある。

 そう、その先のことなんだ。

 自分が消えて、満たされて、それでその先どうなる。

 そこが僕の中で未知の領域になっている。

 

 どうなるか分からない。

 これは現実なんだ。

 夢の中のように適当にやり過ごすことなんてできない。

 思いつきで新しい提案はできるけど、

 いざそうなってみると尻込みしたくなる。

 何であんなことを言ってしまったのか。

 自分に降りかかるリスクってものがある。

 これはそのリスクを負ってまですることなのか。

 別に僕は何事もなくここを去って、また夢の世界に戻ればいいだけだ。

 この現実なんかすっかりと忘れて。

 天使や悪魔がいたことなんかも忘れてしまおう。

 

 いや、神さまはずっと見てるぞ。

 この僕の考えなんかもお見通しだ。

 きっとこんな僕の考えにガッカリするだろうな。

 やっぱりこいつもダメか、と。

 どうすればいいんだ。


空風瞑想

空風瞑想は忘れてしまった本当の自分を取り戻す瞑想法です。瞑想の中で、今まで気が付かなかった心の新しい扉を開き、静寂でありながらも存在に満ち溢れ、完全に目覚めている本当の自分をそこに見つけていきます。そこを自分の拠り所にするとき、新しい自分の人生が始まっていきます。