神の声 第1章:天使と悪魔(10)

「うーむ、確かにお前たちの話にも一理あるな」

「まあ、ちょっとは仕事がし易いようにしてやるか」

「ここの秘密だが」

「実はこの場所には時間がない」

「完全に静止していて動くことがない」

「お前たちはここで話をして時間が過ぎていると感じるだろう」

「だが、この場所は一秒たりとも時間が進んでないのだ」

「ということは、どういうことかな」

「つまりここは、この宇宙の始まりの場所だということだ」

 僕はそう言って二人を見た。

 二人ともキョトンとした顔で僕を見ている。


 僕は話を続けた。

「それから、ここはひとつしかない」

「宇宙の始まりの場所はひとつだけだ」

「だから、すべての人たちがここに集まることができる」

「すべての人たちがこの場所とつながりを持っている」

「ほとんどの人がこの場所のことを知らないがな」

「どうだ、何となく分かるか」

 僕は自分で何を言っているか分からなかった。

 それに、二人がこの話を飲み込めている様子でもなかった。


「まあ、何となくですが」

 天使が焦点の合わない目で僕を見た。


「それについて話をすればいいってことですよね」

「オレたちもまだ完全に分かってなくて良いということで」

 悪魔は自分の理解できる限界を超えているといった顔で僕を見る。


「そううことだ」

「では、このヒントから始めてもらおうか」

 僕はそう言って微笑んだ。


 そのあと、僕の中の何かが変わっていった。

 僕の中から何かが抜けていって、突然、僕は元の僕に戻った。

 きっと神が僕から去っていったのだ。

 現実的な感覚が僕の肌に蘇ってくる。

 だけども、依然として僕は天使や悪魔とそこに立っている。

 できれば僕もこの場から去りたかった。

 だけど、現実はここに残されたままだ。

 神が僕の口を借りて話している時は心強いものがあった。

 もう、その感覚はどこにもなく、頼りない僕がいるだけだ。

 さて、どうしたらいいものか。

 それでは僕はこれで、と言ってここを去りたがったが、

 そんなことはこの二人が許すはずもない。

 僕はここの場所の秘密を知ってしまったのだ。

 

「さて、何の話から始めようか」

 天使はそう言って場を見回した。


「いや、その前に」

「えっと、神さまはオレたちの話しを」

「そこで聞いているというわけで」

 悪魔が僕を見てそう聞いてきた。


「あ、あの、すみません、神さまはどこかに行きました」

「僕は人間に戻ったみたいで…」

 僕は先程と打って変わって何とも威厳のない声でそう言った。


「あれ、じゃあ、どういうことだ」

「やっぱり元々オマエは普通の人間だったてことか」

「なんだよ、ふーん…、そうか」

「で、どうする」

 悪魔は僕の扱いに困っているようだ。


「どうするって…」

「僕は何でここにいるのかも知らないんです」

「神さまがここに僕を残したということは」

「ここにいろということかと」

 僕は泣きたい気持ちになった。


「なんだか、邪魔だな、オマエ」

「そこにいられるとやりにくいうというか…」

 悪魔は嫌そうな目で僕をながめた。


「まあまあ、良いんじゃないか、人間がいても」

「オマエは神さまがここに連れてきた初めての人間だろ」

「それなら一応、敬意を払わないとな」

 天使はそう言いながらも胡散臭そうに僕を見た。


「すいません…」

「あの、僕は黙ってるんで、お二人で話しを始めてください」

 僕は数歩ほど後ろに下がって、二人と距離を取った。


「しょうがねえな…」

「じゃ、まっ始めるとするか」

 悪魔はそう天使に言った。


「そうだな、始めるとするか」

 天使もそう言うと悪魔を見た。

 二人は黙ったままそこに立っていた。

 沈黙の時間に息が詰まる。


「で、何の話だっけかな」

 悪魔はとぼけたように言った。


「ここが何かという話だろ」

 天使が悪魔を呆れたように見た。

空風瞑想

空風瞑想は忘れてしまった本当の自分を取り戻す瞑想法です。瞑想の中で、今まで気が付かなかった心の新しい扉を開き、静寂でありながらも存在に満ち溢れ、完全に目覚めている本当の自分をそこに見つけます。それを自分の拠り所にすることで、人はその真実と共に蘇り、新しい自分として生きることを始めていきます。