神の声 第1章:天使と悪魔(8)

「やっぱり神はいたんだ」

 天使が高い声で叫んだ。


「おいおい、ホントに神なのか」

「これは、これは驚いた」

「オレは今、神を見ているってのか」

 悪魔もしわがれた声で叫んだ。


「おい、二人」

「ここは神聖な場所だ」

「そう大声を立てるな」

 僕はそう言って二人をたしなめた。

 二人は僕に怒られてシュンとした。

 それを見て、僕はいけるかもしれないと思った。


「ところでだ」

「お前たちは神がいないと思っていたようだな」

「神がいないはずがないだろう」

「だいたい、自分が存在するということは」

「誰かが自分を創ったはずと思わなかったのか」

「大昔に私がお前たちを創ったが」

「そんなことも忘れてしまったようだな」

「それで神はいないけど、いることにしようとか」

「まったく呆れた話をしている」

「人間たちを導く仕事も」

「どうやら行き詰まっているみたいだな」

 僕がそう言うと、

 二人は何かを思い出したように「あっ」という表情になりますます小さくなった。


「申し訳ありません…」

「あなたのことはすっかり忘れてました」

 天使が恐縮して言った。


「オレは神などいなくてもいいと言いました…」

「まったく穴があったら入りたいくらいです」

 悪魔はうつむいて小さな声で言った。

 黒い額に汗が吹き出している。


「まあ、これまでのことはいい」

「私はいつかお前たちがちゃんと仕事をするだろうと」

「辛抱強く待っていたが」

「人間たちを自滅させるとか、まったく」

「とんでもない方向に話が行き始めたから」

「こうしてここに出て来る羽目になった」

 僕は自分の口から出てくる堂々とした言葉に驚いた。

 これは僕が言っているわけじゃない。


「ところで、あの、神さまは」

「なんで人間の姿をしているんですか」

 天使が僕を見ながらたずねた。


「私には姿がないんだから」

「こうして人間の姿を借りなければならんのだ」

「お前たちに会うにはこうするしか方法がない」

「そんなことはもうどうでもいいだろう」

「本題に入るぞ」

 僕はそう言って天使を睨みつけた。


「お前たちの役割について」

「もう一度、確認をしておく」

「いいか、お前たちの役割は」

「この場所に人間たちを導くことだ」

「そして、この場所こそ」

「自分の原点だと思い出させるのだ」

「そのために、お前たちにこの場所を開放している」

「そのことをしっかり思い出せ」

「ここはお前たちが下手な密会をするためじゃない」

「まあ、いつでも私はここにいるから」

「密会にはならないがな」

 僕はそう言うと二人を交互に見た。


「ああ、そういえば」

「思い出しました、神さま」

「そういうことじゃないかと思ってたんですよ」

「実はさっきもそんな話をしてたんです」

 悪魔が困った顔で愛想笑いをする。


「うむ、ではちゃんと思い出すために」

「もう一度、この世界の話をする」

「まず、この世界は私の分身だ」

「覚えているか」

「私の分身がこの世界を創り動かしている」

「だが、往々にして分身は私のことを忘れてしまう」

「世界があまりにリアルだからな」

「すべて私の分身なのだから、それは当たり前のことだが…」

「それで、世界にだけ自分が生きていると思ってしまうのだ」

「私は世界を大切にしたい」

「だがな、分身たちが誤解したままでも心苦しい」

「だから分身たちが人間に進化して」

「そうなったときにこの洞窟の扉が開かれ」

「そこで真実を知ることができるようにした」

「そのときのために導き役としてお前たちがいる」

「お前たちはここに出入りできる特別な存在だ」

「だからだ、インターネットで遊んで」

「時間を潰すほどヒマじゃないはずだ」 

「お前たちも人間たちと同様に」

「世界のリアルさに毒されてしまって」

「それで神から与えられた任務も忘れてしまったようだがな」

「まあ、それは私の責任でもある」

「この世界が誰でも夢中にさせるほどリアルなのは」

「私がそう創ったからだしな」

 僕はそう言って二人の様子を眺めた。


空風瞑想

空風瞑想は忘れてしまった本当の自分を取り戻す瞑想法です。瞑想の中で、今まで気が付かなかった心の新しい扉を開き、静寂でありながらも存在に満ち溢れ、完全に目覚めている本当の自分をそこに見つけます。それを自分の拠り所にすることで、人はその真実と共に蘇り、新しい自分として生きることを始めていきます。