神の声 第1章:天使と悪魔(7)

「おい、何か気配を感じないか」

「ここには他に誰もいないよな」

 天使がハッとして悪魔に言った。


「ここにか」

「誰もいないに決まってるじゃねえか」

 悪魔は辺りをキョロキョロ見回した。


「おい、誰かいるのか」

 天使が暗闇に向かって叫んだ。


「おいおい、やめてくれ」

「気味が悪いじゃねえか」

 悪魔はオドオドして言った。


 水の落ちる音が洞窟に響いた。


「気のせいか…」

 天使はそう独り言のように言った。


 とても危険な雰囲気を感じる。

 二人に気付かれる前に、早くこの洞窟から出なくては。

 そう思ったとき、闇に溶けていた僕の身体が実体として元に戻っていくのを感じた。

 これはマズイと思ったが、自分では止められない。

 僕は暗闇の中に座っている自分の感覚を取り戻していく。

 どんどんと実体化は進み、 

 天使の光に照らされて、ついに僕の姿が二人の前にさらけ出された。

 

 はじめに僕を見つけたのは天使だった。

 天使は信じられないという顔をして僕を見た。

「あっ、オ、オマエ、誰だ」

「どうしてここにいる」

「オレたちの話を聞いてたのか」

 天使は僕を見て驚きながらも強い口調で問いただした。

 悪魔も口を開けて驚いた顔で僕を見ている。


 僕は天使を見ながら、ゆっくりと立ち上がった。

 そして何かを説明しようとしたが言葉が出てこない。

 なんて言ったらいいんだ。

 自分でもここにいる理由なんて分からない。

 僕は困った顔でただ黙って立っているいかなかった。


「な、なんか言ったらどうだ」

 天使は僕のことを不気味に思っているようだ。


「ちょっと待て…」

「こいつはどう見ても人間の姿をしているぜ」

 悪魔が天使にささやくように言った。


「人間だと」

「何で人間がここにいるんだ」

「ここはオレたちだけが知っている場所のはずだ」

 天使はわけが分からず混乱している。


「だとしたら、誰なんだ」

「もしかして…」

 悪魔はゴクリとツバを飲み込んだ。


「か、神か」

 天使はそう言って僕を凝視した。


「あんた神なのか」

「いや、あなたは神さまなんでしょうか」

 悪魔が丁寧な口調で僕に尋ねた。


 僕が神のわけはない。

 だが人間だとも言えない。

 人間だと言ったら、二人に消されるかもしれない。

 黙っていたほうが良いか。

 それとも。


「なあ、神が自分のことを神だとは言わないんじゃないか」

 天使が悪魔に震え気味の声で言った。


「ああ、そうかもしれねえな」

 悪魔は僕を凝視したまま小さな声で答えた。


 僕はもうこの状態から上手く脱することなどできないと観念した。

 いろいろと勘ぐられておかしな方向に行く前に、正直に言ってしまおう。

 そうするしか何も思い浮かばない。


「あの、僕は人間なんです」

「何も知らずにここに迷い込んでしまって」

 僕は思い切って二人にそう言った。


 その自分の声に不思議な感じがした。

 まるで他人が話しているように聞こえる。


「人間のはずがないだろう」

「人間はこの場所を知らないんだ」

「人間でもなく、オレたちでもなければ」

「それは、神としか考えられん」

「なあ、あんた、神さまなんだろう」

 天使が震える声で僕に言った。


 僕は何だか面倒くさくなってきた。

「ああ、私は神だよ」

「黙っていようと思ったが」

「姿を見られちゃしょうがない」

 僕はできるだけ堂々とした口調でそう言った。

 なんという思いつきだ。

 こうなったら神になりきってこの場を切り抜けるしかない。

空風瞑想

空風瞑想は忘れてしまった本当の自分を取り戻す瞑想法です。瞑想の中で、今まで気が付かなかった心の新しい扉を開き、静寂でありながらも存在に満ち溢れ、完全に目覚めている本当の自分をそこに見つけていきます。そこを自分の拠り所にするとき、新しい自分の人生が始まっていきます。