神の声 第1章:天使と悪魔(2)

「ああ、オマエはそういう風貌だからか」

「人間から神の敵役として見られている、昔からな」

「だから、つい神がいないほうが良いと考えるかもしれん」

「だかな、それはオマエの役柄であって」

「神がいるからこそ、その役の存在価値があるんだぞ」

「神に背いているということで」

「オマエはある一定の反抗的な人間たちの賛同を得てるんだ」

「それを忘れないようにしないとな」

 天使はそう言って悪魔の目を見返した。


「うむ、確かにそうかもしれねえな…」

「やっぱり、神という存在はあった方が良いのか」

「だが、問題の根本は神がいないということじゃねえのか」

「オレたちがいくら神がいるように振る舞っても」

「人間どもはいつか気づくぜ」

「あいつらもなかなか頭が切れる時がある」

 悪魔は口をへの字に曲げた。


「それでも神はいると言い続けるしかないだろう」

「神がいないと知られたら、すべてが崩壊するんだ」

「この世界は神がいるということで成り立っている」

「ある意味、オレたちがこの世界の最終防衛ラインだ」

「オマエ、事の重大さを本当に分かっているのか」

 天使は呆れたような顔をした。


「そんなに大げさなことなのかね」

「大体、オレたちがやっている神の代行は」

「大したことじゃねえだろう」

「それを人間どもにオレたちがやっていたとバレても」

「やっぱりそういうことだったのかと」

「そう思われるだけじゃねえのか」

 悪魔は適当に話しを切り上げたい素振りだ。


「オマエな、あまり人間たちを過信するな」

「人間たちは神がいないとなると」

「好き勝手なことをするようになるぞ」

「オマエがいくら怖い顔で凄んでも」

「神の後ろ盾がなければ」

「その無能さに気付かれてだな」

「軽く踏みにじられるようなる」

「それでだ、この世界の秩序ってものがおかしくなる」

「光と闇があって、それでそれを超越する神がいる」

「この世界はそういうことで成り立っているんだ」

「その秩序が崩壊したら…」

「人間たちが光と闇を好き勝手にして…」

「うへっ、考えただけでも吐き気がする」 

 天使の顔は青くなって、苦しそうに小さく震えた。


「人間どもの世界がそうなったらそうなったで良いじゃねえか」

「好き勝手にして自滅すればいい」

「そしたらオレたちはまた新しい世界を創ればいいんだ」

「オマエは何を恐れてんだ」

「あんまりビクビクしなさんな」

 悪魔は憐れむような目で天使を見た。


「オマエはな、楽観的すぎるんだよ」

「そうやって失敗して」

「いつも、その後始末をするのはオレなんだぞ」

「オマエは、いったい何回世界を自滅させたか覚えているか」

「そこからまた世界を創るって」

「言うほど簡単じゃないんだ」

「ちょっとは学習しろよ」

 天使は悪魔を睨みつけた。


「ああ、そういえば…」

「確かに何回か世界を自滅させちまったな」

「だがな、あれは全部俺の責任か」

「あれは人間どもの責任だぜ」

「あいつらは最後に神に救いを求めたが」

「オレに救いを求めちゃいねえ」

「それなのに、何でオレがそこまで世話しなければならねえんだ」

 悪魔は腕を組んで天使を睨み返した。


「しょうがないだろう」

「人間たちは何も分からないんだ」

「オレたちが目を離せば」

「すぐに勝手な真似をして自滅しようとする」

「オマエ、人間たちが自滅して嬉しいのか」

「そんな無責任な神はどこにもいないぞ」

「もうちょっと彼らをマシな生命体にしたいだろう」

「だいたいだな、そうしなければ」

「この小面倒なオレたちのこの仕事は永遠に続くんだ」

「オマエはこの仕事をずっと続けたいのか」

「オレはいい加減、区切りをつけたいね」

「人間たちが愚かなままだと」

「こっちまでおかしくなる」

 天使は呆れたような目で悪魔を見た。


「うむ、そう言われるとそうかもしれねえ」

「オレもそろそろこの風貌に飽きてきたしな」

「まあ、人間どもが勝手に創り出した姿なんだが」

「そういうのもムカつくと言えばムカつく」

 悪魔が天使の話に同調してきた。


「そうだろう、そうだろう」

「それでだな、この世界をまともにするためには」

「やはり神が必要だ」

「人間たちは神の言うことなら素直に聞くからな」

「そこで学ばせなければならん」

「それしか方法はない」

「神は必要なんだ」

 天使はちょっと顔を紅潮させて興奮気味にそう言った。


空風瞑想

空風瞑想は忘れてしまった本当の自分を取り戻す瞑想法です。瞑想の中で、今まで気が付かなかった心の新しい扉を開き、静寂でありながらも存在に満ち溢れ、完全に目覚めている本当の自分をそこに見つけていきます。そこを自分の拠り所にするとき、新しい自分の人生が始まっていきます。