青の記憶(21)神

「青ー、いるかー」

アンスロポスはそう言いながら部屋に入ってきた。


「ああ、こんにちは、アンスロポスさん」

青はそう言ってアンスロポスに微笑んだ。


星は静かに何かを待っている。


「青、神はいるのか」

「神を信じている人間は多いが」

「誰も神を見たことがないぞ」

「神を見たという人間もいるが」

「それが果たして神なのかどうか分からない」

「いったい神とは何者なんだ」

アンスロポスは椅子に座って青の言葉を待った。


「神ですか…」

「それはとても説明が難しいですね」

青は腕組みをして少し黙った。


「結論から言うと、神はいます」

「問題は神をどう定義するかですね」

「人それぞれに神のイメージがありますから」

「アンスロポスさんには私の神の定義をお話します」


「まず、神はひとりしかいません」

「ひとりしかいませんが、あらゆる所にいます」

「矛盾しているようですがね」

「神というのは人格的な存在ではなく」

「存在そのものです」

「この世界に存在でないものは存在していません」

「だから、この世界はこの存在を基盤にしています」

「この存在という基盤が神なんです」

青はそう言うと、アンスロポスに目を向けた。


星の空気が震えて少しざわついた。


「ふむ、神はいるんだな」

「それで、存在とやらが神というわけか」

「なんとなく、誤魔化されているような気分だな」


「それならあらゆるところに神がいることになる」

「青もオレも神ということになるのか」

アンスロポスは青の説明では腑に落ちない。


「まあ、そういうことになりますかね」

「ただ、人間は神の存在を感じにくいんです」


「アンスロポスさんが座っている椅子」

「そこに椅子が在ると分かりますが」

「椅子を認識しても、在るは認識しないでしょう」

「在るは当たり前なので無視されます」

「だから、人間は神を認識できないんです」

青は残念そうに微笑みながらアンスロポスを見た。


「確かに、椅子は分かるが」

「在るは当たり前だから無視するな」

「だけど、それが神だとは思えないぞ」

アンスロポスは腕組みをして青を見た。


「そうなんですよね」

「この世界の共通項は何でしょうか」

「それは存在するということです」

「それはこの世界のすべてが」

「存在で創られているということを意味しています」

「すべてを創り上げているものがあるなら」

「それは神と言ってもいいのではないんでしょうかね」

どうでしょう、と青は言った。


星には困惑したようなささやきが波のように広がっていった。


「そういわれるとそんな気がしてくるな」

「だけども、神はそんなに当たり前で軽い存在ではない気もする」

「もっと威厳があって神秘的な感じというか」

「そうめったに人間の前に現れたりしない…」

「そこらじゅうに神があふれていたら」

「ありがたみだってないだろう」

アンスロポスは困惑した顔を青に向けた。


「存在が当たり前すぎるように」

「神もまた当たり前すぎるようにそこにいるんです」

「これ以外の神は人間の想像の産物でしかありません」

「まあ、想像も存在だから神といえなくもないですがね」

青はそう言って少し笑った。


「じゃあ、その存在の神とやらを」

「ちゃんと分かることができるのか」

「それが本当に神だと自分で分かるというか…」

「そうしないと、本当にそれが神だと信じられないぞ」

「いつまでも神はそこにいるらしいという話だけになる」

アンスロポスはまだ納得できない。


「その通りですね」

「では、アンスロポスさんが存在するということは」

「どうすれば分かるでしょうか」


「それは瞑想して本当の自分をそこに知ることで分かります」

「アンスロポスさんも存在で創られているわけですから」

「瞑想で自分自身の深いところに触れて」

「これが自分だという中心を感じたなら」

「それは存在だけなはずです」


「アンスロポスさんは」

「そこで存在以上の何かにはなれないでしょう」

「それが神を知るということであり」

「自分が神だと分かることなんです」

分かりますか、と青は言った。


「瞑想で分かる本当の自分というところか」

「それが存在だとは分かるかもしれないが」

「それが神かどうかは分からんな」

「…んー、だがそれは神としか言いようがないか」

アンスロポスの眉間のシワが深くなった。


「まあ、神という言葉をどう定義するかによります」

「それを神と呼ばなくても良いかもしれません」

「それには元々名前なんかありませんから」


「ただ、この世界の究極の存在は何かといわれたなら」

「それは存在としか言いようがない」

「だから、それをこの宇宙の最高位という意味で」

「神と呼んでしまおうとすることも間違いではないかなと」

青は肩の力が抜いてそう言った。


「青もオレも神ということか」

「なんとなく変な感じだな」

「それがホントなら」

「ここには二人いるのに」

「その深いところではひとりの神ということになる」

「なんとも混乱する話だ」

アンスロポスは腕組みをして目を閉じた。


「それがこの世界の面白いところでもあります」

「あとは瞑想をして、本当の自分を知ってください」

「そうすれば、このお話が現実味を帯びてきますよ」

まあ、考えすぎないでと青は言った。


「うむむ、やっぱり本当の自分か」

「神を知るにはそこを知らなければならんな…」

「では、また来るとする」

アンスロポスはふうと一息ついて立ち上がると、

部屋を出ていった。


星は落ち着かないざわめきが起こったが、


その後に静かになった。

青は目を閉じて、星の感覚とひとつになった。

空風瞑想

空風瞑想は忘れてしまった本当の自分を取り戻す瞑想法です。瞑想の中で、今まで気が付かなかった心の新しい扉を開き、静寂でありながらも存在に満ち溢れ、完全に目覚めている本当の自分をそこに見つけます。それを自分の拠り所にすることで、人はその真実と共に蘇り、新しい自分として生きることを始めていきます。