青の記憶(19)苦行


「青~、入るぞ」

アンスロポスは部屋に入って椅子に座った。


「どうぞー」

青はアンスロポスを迎えた。


「青、本当の自分を知るために苦行は必要なのか」

「何かそういうことをした方が良い気がするが」

「それで、気分的にも盛り上がるだろう」

アンスロポスはどうだと言って青を見た。


星は静かだったが、

どこかやる気に満ちた雰囲気を放っている。


「そうですね」

「苦行はアンスロポスさんがしたければ」

「すれば良いのではないですか」

「ただ、それで確実に」

「本当の自分を知ることができるかは分かりません」

青はアンスロポスに真顔で視線を向けた。


星が少しざわついているようだ。


「うむ、それは何でだ」

アンスロポスはそんなものなのかという顔をした。


「はい、苦行が間違ったこととはいいませんが」

「多くの場合、苦行自体が目的になってしまいます」

「つまり、苦行をやり遂げることで満足してしまう」


「それはそれで素晴らしいことですが」

「ホントは自分を知るために苦行を始めたのに」

「やっているうちにそこから離れてしまいます」

「それが懸念されることです」

青は残念そうに言った。


「そうなのか」

「確かに、苦行自体が目的なってしまうかもしれんな」

「困難な苦行ほどやり遂げた時の達成感は高いだろうし」


「それでも、苦行から何かは得られるんじゃ」

「それが本当の自分に近づくことはないのか」

アンスロポスは納得できない。


「そういうこともあるかもしれませんが」

「本当の自分を知るためには」

「最後に苦行を捨てなければならないんです」


「そうでなければ」

「苦行をしたという満足が個人を強化してしまいます」

「個人を強化するということは」

「本当の自分から遠ざかるということです」


「ですから、困難な苦行をして」

「その苦行をやり遂げたという経験を捨てられるなら」

「本当の自分に近づくでしょう」

青は少し言いにくそうに言った。


「そうか…」

「個人が強くなってしまうのか」

「苦行は己を滅するためにするもんだと思ってたがな」

「結果的にそうならないということか」

アンスロポスは腕を組んで目を閉じた。


「本当の自分を知るためには」

「個人を捨てなければなりませんが」

「苦行によって個人に変化をもたらすことはできます」


「実際に苦行によって」

「個人を個人たらしめている様々な欲は抑えられるでしょう」


「ただ、それは欲を抑えたということで」

「欲がなくなったわけではありません」

「苦行を止めた途端に」

「そこに個人がいる限り欲はまた復活します」


「それに加えて、苦行をしたという達成感によって」

「個人が強化されたりすれば」

「苦行をする前よりも状況は悪化します」


「苦行者は」

「なぜこんなことになるのか理解できないでしょう」

青もアンスロポスのように腕を組んだ。


「瞑想は苦行にならないのか」

「瞑想だって、行の一種だろう」

アンスロポスは腕を組んだまま目を開けて青を見た。


「確かに、瞑想も苦行になるかもしれません」

「長年瞑想をしていると」

「瞑想をしてきたということが」

「経験として積み重なり」

「個人を強化する場合があります」


「そうなると、本当の自分から遠ざかりますね」

「だから、瞑想も注意しなければなりません」

「瞑想自体が目的ではなく」

「瞑想という手段で」

「本当の自分を見つけるという意識を」

「忘れないようにしなければ」


「瞑想は本当の自分を知るために必要不可欠ですが」

「瞑想も瞑想の経験も最後には捨ててしまいます」

「それには本当の自分にとっては何の価値もありません」

青は澄んだ目でアンスロポスを見た。


「あくまでも」

「本当の自分を知ることができるかどうかなのか」

「苦行という手段が目的にならないように…」

「なんとなく分かった気がする」

「…また来る」

アンスロポスはやる気が削がれたように、

少し肩を落として立ち上がると部屋を出ていった。


星がザワザワとにわかに騒がしくなり、

そして静かになった。


青はそれを聞いてひとり微笑んだ。

空風瞑想

空風瞑想は忘れてしまった本当の自分を取り戻す瞑想法です。瞑想の中で、今まで気が付かなかった心の新しい扉を開き、静寂でありながらも存在に満ち溢れ、完全に目覚めている本当の自分をそこに見つけていきます。そこを自分の拠り所にするとき、新しい自分の人生が始まっていきます。