青の記憶(18)健康

「青~、ちょっといいか」

アンスロポスはそう言って部屋に入ってきた。


「はいはい、どうぞ」

青はアンスロポスを迎え入れた。


星は静かになっている。

時折、咳払いが聞こえる。


「青、健康でいることは大事だろ」

「健康だからこそ健全な思考が働く」

「本当の自分を知るためには」

「まず健康があってのことだよな」

アンスロポスは椅子に座って青に尋ねた。


「はい、健康は大事ですね」

「健康は大事ですが」

「本当の自分を知るために」

「健康でなければいけないということはありません」


「むしろ、体の健康にばかり気を取られると」

「何のために健康になるのか忘れてしまいます」


「本当の自分を知るために健康を求めたはずが」

「いつの間にか」

「長生きすることや快楽ばかりを」

「気にするようになってしまうんです」


「そして、いつの間にか健康でいること自体が」

「求めるべき最高のことになって」

「健康を維持することが生きる目的になっていきます」

青はコホンと咳払いをした。


「じゃあ、健康でなくてもいいのか」

「その、本当の自分を知るためには」

アンスロポスは目を見開いて青を見た。


「体としては健康であった方がいいことはいいです」

「ただ、自分を知るために健康である必要はありません」

「本当の自分は体が健康かどうかを超えた所にあります」

「健康であることはそれを知るための条件ではないんです」

アンスロポスが黙っているので青は話を続けた。


「健康を求めている人が手に入れたいことは」

「体の健康ではなくて」

「本当の自分でいることだったはずです」


「実は、本当の自分は決して病気になることがありません」

「だから、それは究極の健康だといえます」

「体の健康はこの究極の健康をイメージしているに過ぎないんです」

青はアンスロポスの反応を待った。


「そうなのか」

「本当の自分が究極の健康なのか」

「確かに、いくら体が健康になっても」

「それが究極ということにはならないな」


「この体が今は健康でも」

「明日病気にならないという保証もない」


「病気になることを恐れていたら体のことばかり気になる」

「それよりも、体の健康ということを超越して」

「本当の自分という究極の健康に目を向けるということか」

アンスロポスは青の話を反芻した。


星のあちこちで咳払いがする。


「そうですね」

「だから、体が健康になるのを待ってから」

「本当の自分探しをしようとする必要はないということです」


「それはどんな体の状態でも始めることができ」

「いつでも、それを手に入れることができます」


「ただ、究極の健康になったからといって」

「体が病気にならないということではありません」


「体は病気になるかもしれませんが」

「それで本当の自分が病気になることはありません」

「つまり、それは病気になってもいいということです」


「本当の自分を知ったなら」

「そこで究極の健康という最終目的は達せられたので」

「体が病気になることが自分がダメになることだと」

「そう決め付ける必要はなくなるのです」


「もちろん、体が病気になったら」

「病気を治そうとすることは当たり前のことです」


「それに、これは不健全な生活を」

「推奨しているわけではありませんよ」

「本当の自分を知ったとしても」

「体にとっての健康的な生活は良いことだと思います」

青はそう言って微笑んだ。


「本当の自分という健康か…」

「健康とはそういう見方もできるんだな…」

「うーむ、ではまた来る」

アンスロポスは立ち上がると部屋を出ていった。


星は色々な声が飛び交って落ち着きがない。


だが、しばらくすると静かになっていった。

青はそれを聞いて、微笑みながら伸びをした。

空風瞑想

空風瞑想は忘れてしまった本当の自分を取り戻す瞑想法です。瞑想の中で、今まで気が付かなかった心の新しい扉を開き、静寂でありながらも存在に満ち溢れ、完全に目覚めている本当の自分をそこに見つけます。それを自分の拠り所にすることで、人はその真実と共に蘇り、新しい自分として生きることを始めていきます。